/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
失敗しない女のもう一つの顔 ◇ 11.29 OA

え、もう最終章?
鳥井教授で盛り上がってきましたね。
院長代理、パリ行きで浮かれっぷりから、
新たにやってくる教授と胆管癌で一気に突き落とされる教授。
段田さん上手いなぁ。

そして毒島、大門、神原の関係性がさらっと明かされましたね。
でも謎はまだいくつか残されたまま。
果たして神原の謎は今作で明かされるんだろうか。
ドクターXや大門父の診療所、1話の謎の男はあれだけ?
続編に持越しなんてことになりませんように。

今回は時間的にオペ無しかと思ったら急患のオペが入りました。
やっぱりオペは外せないよね。

六坂さんが急変、大門が駆けつけたらケロッとしてた。
そこからトランプでワイワイなんて、死んじゃいそうな雰囲気満載でした。
せめて3日前にオペしてたら助かったのに…という大門のセリフが、
人の命は一瞬で散ってしまう危うげなものだと実感させられた。

だからこそ病院の組織が
いかに患者をないがしろにしてるかと言いたいんだろうな。
大門なら救えるのにそれを許可するしないの下らない問答で、
患者の貴重な時間を奪っていく。
病人は嫌い…切ってなおって欲しいから
生意気な大門の隠されてた本音が見えてきました。

それを加地に言うってのがまたいいですよね。
あんなに嫌味言ってた加地が
それとなく大門を気遣う絶妙な距離感。

このドラマあと何回なんだろう‥
つくづくいいキャストが集まったドラマだよ。
いつもは奇抜な役が多い鈴木さんも地味な役だけどいい味出してる。
真面目な原役の鈴木浩介さん好きだわ。


次回は鳥井のオペでしょうかね。
六坂さんを救えなかっただけに何としても鳥井をオペしたい大門。
そして新しい第二外科教授がやって来るのかな?














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1212-39f6d189