/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
双六が終わるとき◇ 12.16OA

いよいよ2012年の大河ドラマも明日で最後。
最後となると色々と感慨深いです。
西行の扱いにブチッとなったことも、今となってはいい思い出かも。

最終回を前に久しぶりに西行さんの歌でしたね。
声の張りも前とは違って枯れてました。
一人残され”どっこいしょ”的な立ち上がり方も老人を思わせる。
なのに、堀河局を前にしてなにやら色気復活…枯れてないやん。

堀河の裾から手を忍ばせる西行、
そういえばこの二人はデキてたんだよなぁ~と懐かしむ。
まだ鳥羽院や璋子がいて平安のモクモクたる、いや艶やかなる時代。
その時代の終わりを憂う西行と堀河でした。


そんな再会を清盛に話すと「まこと楽しんだのか?」と(笑)
楽しんでたのはついこの前までのあなたでしょうと、
西行もツッコミしたんじゃなかろうか。

そして鎌倉の様子を清盛に聞かせる西行。
かつて清盛が夢を見てやってきたことを今頼朝がやってる。
福原と鎌倉がシンクロしてる演出はさすがだなと思いました。
清盛から頼朝へのバトン。
それは歴史の中だけじゃなく
現実の世代から世代への普遍的なバトンのようにも感じられました。
老いるもの、夢を見るもの…
そうして脈々と流れていく悠久の時は今に続いているような。


最後に作られたらしいセット西行庵に、なぜか宋の剣を持った清盛。
…生霊か!?
熱病の清盛に変わって西行が熱弁をふるうのかい?
主人公が亡くなるときは一通り語るのがセオリーだから、
色々語らないといけないしね。


最終回はかなり駆け足になりそうですね。
清盛の死、壇ノ浦での平家滅亡、義経と弁慶の最後。
そして1話冒頭に繋がるのかな?
予告の西行さんが良かったし、最終回が楽しみです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1213-62c69bb5