/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

ドラマが終わってから随分になりますが簡単にまとめ。
結局最後まで見たのはこの5本でした。

最高の離婚

元さやという予想内の結末でしたが、
そこに至る過程まで大いに楽しめました。

瑛太さんと尾野さんの夫婦が魅力的でしたね。
離婚を通して結婚を問うドラマだったのではないでしょうか。
ほぼ4人で回す掛け合い、個性的な周囲の人たち、そしてED。
狙ってるのがわかってるのに楽しめてしまう巧みさ。
久しぶりにワクワクするドラマを見せてもらいました。
バーベキューSPを見たいものです。

dinner

地味に始まり地味に終わる‥そして枠も消滅。
個人的には最高の離婚に次ぐ面白さだったんですけどね。
江口さんの料理バカが面白い、愛らしい。
ラストで誰にも引き留められない江崎が可哀想だったよ。
でも見てる人が江崎を忘れないでくれたらそれでいい。
そう感じる終わり方でした。

店のキャストに余韻が残らない終わり方だったせいか、
またロッカビアンカを見たいとは思えなかった。
今度は別の店に呼ばれる第2弾作って欲しいな。
救命救急のシェフ版みたいだけど…

夜行観覧車

大きな捻りのない結末で少々肩すかし。
結局犯人は妻でした。
一時はマー君が犯人じゃないかって疑ってました(笑)

息子が死ぬしかないのかな~と言ってたのはなんだったのか。
自分のせいで母を追い詰めてしまったから?
なぜあそこまで逃亡する必要があったのか。
犯人捜しするドラマじゃない、
人間の弱さと強さ、光と闇を描くドラマなんだろうけど‥
凝縮して映画で見たかった気もします。

泣くな、はらちゃん

それぞれの世界で生きるはらちゃんと越前さん。
とりあえずハッピーエンドでよかった。
予想は越前さんが自分の分身として書き込み、
漫画の世界で幸せになりましたとさ‥的なハッピーエンドを想像してた。
だからその前に越前さん自身が
漫画の中へ飛び込んじゃうのには驚かされました。
なんでもありかって気もしましたが。

終わり際になって脚本家のメッセージが盛り込んでありましたね。
…これが言いたかったのねって苦笑い。
ファンタジーと現実の世界が同居して違和感もあったし、
長いフリだな~とも思った。

実写のはらちゃんより漫画の方がカッコいいのはなぜでしょうね。
実写はおっさんっぽくて惹かれてく越前さんに共感できなかった。
長瀬さんカッコいいのに…
豪快なキャラが強すぎてもう少し繊細さがあってもよかったかな。

サキ

ガッカリ感半端ない。
私と会うのは2度目って言ってたのに、
実際に会ってたのは院長と息子だけで、あとは会うってより見かけたって感じ。
しかし救急車から見ただけで人物特定する能力がすごいわ。
そして弟の隼人は移植手術で母の寿命を縮めたって理由。
隼人や和くん親子はともかく、他の動機が弱い。

ちなみに私は、
母親が倒れた時に手を貸してくれなかったのがあの3人かなと予想してました。
救急車の進行妨害よりも、恨みとしては直接的な気はするけど。
まぁ昨今の救急車云々のメッセージのつもりもあったんだろうか。

ラストは妊婦のサキ…荒業でマイヤーに繋げましたよ。
この後子供を失って、また逆恨みで復讐するわけだ。
この作品は美しい隣人とセットで生きるドラマなのかもしれません。


純と愛

このラストにどう満足しろと?
愛が目を覚ますわけでもなく、ホテルが完成するでもなく。
ヒロインが宮沢賢治ばりに決意表明。
あとは各々ご自由に結末を思い描いてください?

連ドラならいざ知れず、朝ドラでこの手法はどうかと思います。
毎日15分を半年、長い時間共有してるぶん登場人物に親近感がある。
そのヒロイン達の結末をきっちり見届けて終わりたい。
まして朝ドラ視聴者は年配者も多いんだし‥

いつも見てるんだか見てないんだかの父が、
「…これで終わりか?」とつぶやいた。
よっぽどあっけなかったんでしょう。
騒々しいなぁといいつつも笑いながら見てた母、
終わった後には無口でした。
とても残念です。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1223-f158fe76