/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

さようなら…そして、ありがとう  ◇ 5.30 OA

凜太郎の元カノ登場です。
ん~凜太郎の未練を断ち切らせ、
桜への思いを気付かせる役目というのが見え見え。

料理も洗濯も得意でよく気がきく、凜太郎好みの女性。
なのに離婚調停中に元彼のマンションに転がり込んだり、
「あなたとは結婚したくなかった、ずっと好きでいたかった」
さも後から考えたような設定付けがなんだか無理やりで…
凜太郎が好きになった女性像を崩すわけにいかないし、
でも元カノが仕掛けないと、というせめぎあいが元カノから透けて見えた気がしました。
キスで誘導して駆け引きするような女性なんだろうか。

まぁね、このキスで凜太郎の胸中を描写してるんだろうけど。
一回目のキスはまだ自分が元カノを好きだと思ってのキス。
二回目に抱き付かれた時は、
凜太郎は元カノにもう思いはないことに気づいてるんだよね。
それを悟った元カノ。

で、元カノを引っ張るわけでもなく最後は、
凜太郎は前から桜の事が好きだったんじゃないの?的な、
凜太郎の桜への気持ちを代弁してさよなら…です。

だったら、夫と上手くいってない元カノが、
凜太郎に会いに来たってだけでいいんじゃないのかなぁ。
相談してるうちに酔っぱらった元カノが凜太郎にキスして、
まだ未練があると思い込んでる凜太郎がキスしたけど…
やっぱり捨てられたから忘れられなかったんだというオチで。

このキス現場を桜が見て胸ン中でチクッってしてくれたらなお良し。

最後は元カノは旦那の元に戻り、凜太郎に桜への思いを気付かせてくれる。
なにも離婚までさせなくてもよかったんじゃないかなと。
いい人だっただけに都合よく登場させられた元カノが切なかったよ。
凜太郎の仕事が手につかなかったりイライラさせたりするのも疑問でした。

ただ隣の部屋をスカート脱いでまで覗こうとする桜は面白かった。

一方桜は広斗とホテルデート。
なんだろ、わざとバブル期っぽく?
昔のトレンディドラマっぽくしてるんですかね。
若い広斗が40歳の桜に合わせてるのでしょうか。
LOVEのオブジェしかり、薔薇しかり。

桜の一人奮闘面白かったけど、篠原さん頑張るなあって思っちゃったよ。
これが凜太郎相手だったら面白くツッコんでくれるのかなって…申し訳ない。

思い出に残る初エッチデートのはずが、
広斗が年下な彼にスイッチ入れるから桜が母的な存在になってた。
これってバッテイングセンターの会話に繋がってるんかな?

それにしてもです。
いったい桜と広斗のイチャイチャはいつになったら終わるんでしょうか。
もうかれこれず~っと、やるのやらないので引っ張ってる。
桃との違いを見せつけてる?

その桃は可哀想な結末でしたね。
広斗は桃の気持ちに気づかなかったんだろうか?
そんなに疎くて桜を幸せにできるのかなぁ。


千代子はさ~痣を見せたいのか見せたくないのかどっちよ?
桜に傷ついたことないだろうって、その言葉で傷つけてるのにね。
自分が傷つかないために人を傷つけてもいいのかって思った。

そういや、痣は広斗がドーナツ揚げるときに溢した油で火傷したものだそうで…
父に愛されて育ってる妹に嫉妬があったと。
ブランド店でスーツ選ぶ大神兄妹は、ボンボンとお嬢さまに見えたけどね。
って要するに二人とも生立ち事情からくる、
マザコンとファザコンじゃないのかって…気がしないでもない。

志麻と美樹は次回仲直りですね。
倒れて運ばれた公平、EDも病気が原因だってことかな?
これがきっかけとなって何が大切か気づけるといいですね。
姑もサキちゃんの喝で家に戻るのかな? 


元カノと凜太郎、広斗と桜がメインだったから、
バッティングセンターの二人に安堵感。
やっぱりこの二人が好きです。
お互いのことを話して受け止めあって、時にけんか腰な掛け合いが好きだ。

スタッフの「彼氏さんですか?」…「母です」に笑ったよ。
川柳「彼」に的中は凜太郎がもう友の感情から逸脱してるのを表してる?
それとも打倒広斗の意味なんでしょうか。

最後の桜と広斗の写真をみる凜太郎が切なすぎる。
こんな凜太郎の表情見ちゃうと、
この先見続ける自信がなくなってくる。

予告では幸せな桜と涙の桜。
そして千代子に体当たりされる凜太郎…どうなっちゃうんだろう。

【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1230-9a8c036f