/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お前はオレが守る  ◇ 6.13 OA

10話は傷ついた桜を凜太郎が支えて、
一瞬でも桜が凜太郎の存在に気づいてくれるかな?
せめてラスト前くらい、いい雰囲気の桜と凜太郎が見れるかな?
そんな淡い期待を抱いていたのですが、思いのほか広斗寄り(笑)
桜はどちらを選ぶのか…なんてアンケートも虚しいくらい、
桜は広斗が好きってことですね。

「じゃあどうすりゃよかったんだよ…
 好きな女が他の男と結婚するの、指くわえてぼーっと見てりゃよかったのかよ」


勢いで告白しちゃったね。ついぽろっと…凜太郎らしい。
好きですよ‥不器用な感じで。

そのあとの
「早く行けよ」
照れくさそうな凜太郎がまたまたいい。
やっぱりツンデレ好きなんだな。

かと思えば、
「みんなして関係ないっていうなよ。俺だってお前のこと…」
いつも涼しい顔してるのに、珍しく弱音…というか本音。
なんか愛おしい気持ちになった。

「俺の襟裳岬は誰が聞いたって本人以上だろ」
‥笑笑
やっぱ二人の掛け合いが好きです。
桜やけ食いで口いっぱい入れ過ぎ。
森進一事務所に電話とか…
これが見られなくなると思うと淋しいよ。


桃兄に絡まれた桜を全力で守った後の二人がいい感じでした。
おじさん頑張っちゃった感も、そんな凜太郎に寄り添う桜も…お似合いなのになぁ。
お姫様だっこは、やりなれてない感じが逆によかったかな。
広斗と比較されるかもしれないけど、
24歳のBMXライダーとハサミしか持ってない39歳だよ。
同じようには出来ませんって。
つか凜太郎はお姫様抱っこするキャラじゃないのに…


「俺の方があいつを幸せにできる。少なくとも傷つけたりはしない」
広斗と凜太郎の立場が逆転しちゃいましたね。
凜太郎を桜から引き離そうとしてた広斗みたいに、
今度は凜太郎が広斗を桜から遠ざけようと…
こんなとこまで対比させなくてもいいのに。

嫉妬する凜太郎にしたり、広斗にくぎ刺したり…
孤軍奮闘する凜太郎に切なくなるよ。
ただ桜のそばで元気づける凜太郎でいて欲しかった。


「一緒に行かないか? ニューヨーク」
凜太郎が桜に守る言うたびに当て馬感が増すのですが…

前回桜を店長に押したとこなのに、次では一緒にNY行こう?
告白もそうだけど終盤で畳み掛け過ぎて雑に感じる。

一話前の8話でウソがばれて、
9話で桜が傷つきながらも凜太郎の支えもあって少し立ち直る。
それから告白やNY行きなら自然な流れだと思うけど、
これじゃ広斗と桜が別れそうな所に、
これ幸いで凜太郎が横恋慕してるように見えるわ。


「始まり方なんかどうでもいいってこと…証明してみたくなったの」
志麻のこの一言が結末を物語ってる。
美樹と公平は結婚式までやっちゃうんだ…
美樹も志麻も好きだけど、
もっと他に時間かけるとこあるだろうにと思わなくもない。

「あんただけ幸せになろうなんて絶対許さない」
ここまで悪化した千代子を浄化させるには、
桜に広斗の気持ちを代弁してキューピッドにするしかないよね。
もともとは千代子が蒔いた種だから。
しかしこの兄妹の関係性、いまだに謎だ。

「きめぇんだよ」
一撃ですな。
桜にひどいいい方して身を引いた広斗。
そして一人男泣き。
主人公が広斗になりつつありますね。

でもね、例え嫌われるための言葉だとしても、
こんな事言われたらトラウマになる。

それでも身を引いた方が勝ち馬というのは恋愛ドラマのセオリー。
桜と広斗の結末は確実なんだろうね。

「迷ってるやつNYなんて連れてけねぇ」

凜太郎もわかってるよね、心の中では。
桜が広斗を吹っ切れないだろうということは。
それでも言わずにはいられなかった、一緒にNYへ行こうと。

最終回は桜の背中押すくらいのことはさせてあげて欲しい。
そして一人NYへ旅立たせてあげて。
蕎麦屋の健ちゃんが、実はNYで店だそうかと…とついてきてくれたら尚よし。
健ちゃんだけだもんね、凜太郎が何でも言えるのは。
健ちゃん、凜太郎のこと好きそうだし。


いよいよ最終回です。
失意の桜に凜太郎はどう接するんだろう。
桜とどんな別れ方するんだろう。
きっとラストは桜と広斗のキスシーンだよね。
切なくて画面まともに見れないかも…
でもちゃんと凜太郎を見届けようと思います。
自分にあらゆる予防線張ってね(笑)


【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1232-814401fe