/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

神VS悪魔 失敗しない手術のカラクリ!?   ◇ 11.14 OA

神の手、悪魔の手ときて、最後に仏の手…ブッダハンド(笑)
上手いこと落として来ますね。
そして「今度から二人分請求する時はメロン二つにして!」
蛭間のささやかな抗い。
そりゃ2千万なんて金額見せられたら、座ってなんかいられません。
このあたりの西田さんのお芝居は絶妙でさすがですね。

さて今回はマサチューセッツ州から自称失敗しない外科医がやってきました。
白衣の襟を立て、寒いのか?と思わせる腕組みする姿はどこをどう見ても胡散臭い(笑)
スーツの下に鳩を仕込み、
白紙の名刺を常備し指ぱっちんしたがる輩である。

胡散臭い失敗しない男のからくりは、必ず成功できるオペしかしない。
それでも海老名がチャレンジャーだなというのだから、ソコソコ腕はいいんでしょうね
でも術後のケアを人任せして責任も押し付けて、それで医師ってねぇ。

…つか主治医は近藤なのに連絡してもらえない近藤っていったい…
それに術後のケアを麻酔科医に任せるもんなのでしょうか。
この辺がモヤッと。

日下部の敗因は未知子の挑発に乗ったことでしょうね。
やってみな(笑…半沢か?)というだけの技術を未知子はは持ってるから。
再手術時で2度に分けてするはずのオペを目の前にして、
未知子に嫉妬する日下部がよかった。
そのまま逃げずに戻ってきたし医師としての誇りは残ってた。


5話は日下部がやってきたことで色んな対立構造が伺え面白かったです。
未知子⇔日下部⇔海老名⇔近藤

特に前回蛭間に忠義を尽くした海老名の理不尽さと言ったらもう…
しゃぶしゃぶに同席したはずが、蛭間のお肉係。
誇りに思われたいだの姑息だの、言いたい放題でしたね。
海老名は、いくら蛭間に尽くしても
都合のいい部下でしかないことに気づいた方がいいよ。
チューまでした仲とは言え、
手帖を食べたことで何があっても裏切らないしもべになってしまった。

でも海老名もやられっぱなしじゃない。
日下部を誇りだと言いつつ、未知子を利用して
「天才が凡人を救う」と姑息な倍返し。

蛭間の顔色で一喜一憂する海老名は憎めませんね。
庶民派らしく、高級しゃぶしゃぶに喜んで我先にガッツいたり、
(横目で蛭間がちらちら)
日下部が訝しがるワインに美味しいと声を発したり。
また日下部のオペにスタンディングオベーション並みの拍手といい、
脚本家のお気にかと思うほど可愛いキャラになってる。

海老名に続けとばかり御意次男三男も研修医とともに機能し始めてます。
亀山の「パクリだったのか」と納得したような言い回しが妙にツボる。
事務長補佐も前回電話で知らない番号だとスルーされたりもあり、
いい感じで各々方個性が出てきてます。

そんな中1人野望を胸にして立ち位置定まらない近藤。
蛭間には腹黒い狼と見破られてるし、
馬淵にはいまだ子飼いにされてます。
看護師にもじわじわ包囲網張り巡らされてるし…ヤバくないか?

そういえば、総回診の立ち位置が海老名と左右入れ替わってましたね。
前回の紙食いで海老名が右腕に一歩リードってことでしょうか。
しかしお肉の世話は…ってまたそこに話が(笑)


馬淵がパリに行っていない間に蛭間が勢力拡大してそうですね。
オペ見て
「ガンバレ ガンバレ ダ~イモン」
とふざけ過ぎな蛭間に脱力です。


今日の6話は近藤メイン。
父親に泉谷しげるさんですが、これってまさか血が繋がってないとか?
と思ったのですがそういうこともなさそうですね。
今後に向けて色々展開していきそうなので楽しみです。

【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1250-197e73a4