/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

高校生が戦国へ!?
スニーカーで生き延びろ!!戦国で見つける青春、友情、ときどき、恋 ◇ 10.13 OA


放送中はうっかり寝てしまったのですが、
録画を見直したら面白かったので半兵衛さんを待ちながら楽しめそうです。

初回はどうしても説明的になりそうなところを、サクッとテンポよく見られたのがよかった。
現代部分は短くてもサブローがごくごく普通の高校生だってわかればいいわけだし。
スマホやパーカー、スニーカー=現代の若者というアイテムの描写力はすごいですね。
それだけ今の高校生の個性が画一的ってことでしょうか。

そんな現代の高校生が戦国時代に迷い込む。
なぜか同じ顔をした織田信長に身代わりにさせられ、
あれよあれよで織田家の家督を継ぐことになる。
悲しいかな、息子信長や信行よりも、
平和ボケのサブローの方が気骨があるとの父の見立て。
弟信行はあっけなかったですね。
まだ家督問題で引っ張れそうなのをあっさり一話で終わらせたのはよかったかも。
あっちもこっちも引っ張ってると焦点もボケそうだしね。

現代と戦国の対比、その時代に生きる人間の対比。
その対比から現代のいい部分、課題とする部分が見えてきますよ、
というのがこの作品の意味になるのかなと思いました。
でもそんなことはさておき、あの人物がこんな設定に?
この人物はこの物語じゃこうなるんだ。
じゃあの出来事はどうなる?といった楽しみ方が出来そうです。

◎パーカー信長。

学ラン姿のサブロー見て「信長さま」という家臣の判別能力がすごい。
普通不審者だと思って斬りつけてもおかしくない…あんなカッコしてたら。
馬の前に、ちょんまげや服に疑問を持つはず。
しかしサブローの「馬など食ってやったわ」というのは、
歴史は苦手だけどなんとなく信長像を知ってるという、
サブローの人物描写に一役かってたセリフで印象に残りました。
「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」ですかね。
そしてサブローが落とした教科書を誰が拾うのか興味津々です。

苦手な向井さんは最初はやっぱり苦手でした。
でも見てるうちにそんなに気ならなくなってきたかな。
ただあまり前面に出てくると…やっぱり苦手かなと思うかも(笑)


◎結末は本能寺?

早くも結末予想です。
サブローがこのまま戻らないと仮定すると、結末は本能寺になりますよね。
明智光秀(本物の信長)が織田信長(サブロー)を討つ。
そうなるとどんな結末になるのか。
やっぱり、サブローが炎の中で現代に帰るのかな?
そして秀吉が明智が本物の信長だと気づいて討伐するとか。

となると明智がなぜ信長を討とうとするのか。
始まったばかりだし原作もアニメも見ていないので、
明智(信長)がサブロ―の敵なのか味方なのかもわからない。
サブローへの嫉妬かなと思うけど、協奏曲なんだよね…
やっぱサブロ―を元の場所へ返してあげよう的な?
まぁね、色々予想しながら楽しみたいです。
でも映画化が決まってるらしいので…その辺は映画でってことになりそう。

次回は美濃の斉藤道三が動く模様。
帰蝶と信長(サブロー)の関係が変化るのかな。
でも二人の言い合いは面白かったので、帰蝶がデレたらつまんない。
そして本物の信長が明智光秀としてサブローに近づく。
信長の意図は気になりますね、味方なのか敵となるのか。
それ次第で今後の展開も変わってくるだろうし。
山田さん演じる伝次郎は闇すぎて…
ついヨシヒコを思いだしギャップに笑ってしまいそうになった。
ところで…半兵衛さんは何話から出てくるんだろう?

【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1272-84bc02d3