/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

学生服vs警官制服!!奇跡の出会いが、運命を変える!!  ◇ 10.20 OA

竹中半兵衛さんの顔見せキタ―。
家康くんも。
そして伝次郎は木下藤吉郎に成りすまし、戦国感が高まってまいりました。

◎西田さんの味のある斎藤道三

蝮具合と警官ぶりと隠された親バカっぷり。
特に学ランサブローと警官服の正装のツーショット。
戦国時代のコスプレ大会のような制服で、
懐かしい現代を語る世にも奇妙な会話に笑いました。

そんな二人が打ち解けたかと思いきや、
斉藤道三は偽物に用はないとサブローを切り捨てようとする。
しかしその実は娘への愛情にあふれていた。
武田に妾として差し出す裏には秀吉と家康が見つからないから仕方ないとな。
サブローも道三も歴史に疎いから成り立つ話ですよね。
もし歴史オタクだったら史実通りに動こうとして史実通りにならない、
不可思議な状態だったかもしれない。

ま、そんなんで秀吉と家康のキーワードで、
昭和からタイムスリップした親心を浮かび上がらせた脚本が絶妙でした。

その後道三は息子義龍に謀反を起こされサブローに教科書を託します。
同じく謀反を起こされる運命となるサブローに「本能寺の変」のページを破って。
それは同じタイムスリップしたサブローに、お前は運命を変えろと言うメッセージ。
昭和に生まれたのに戦国で命を落とす悲しい道三の運命が切ないですね。

◎どの史実?

ドラマの中の史実とサブローが引き起こすことで変わる史実、
そして視聴者が知っている史実。
時々何がなんだかわからなくなる錯覚に陥るのですが、
そのすり合わせがまた面白い。

ドラマ上では斎藤道三は存在しなくて、
タイプスリップした警官が、結果教科書に載る斎藤道三となる。
織田信長は存在していて、サブローがやってきたことで入れ替わる。
でも平成の教科書には本物織田信長はサブローで、
逆に本物の信長は明智になるわけですよね。じゃもともとの明智はどこに?
もし伝次郎があの馬番と入れ替わらなければ豊臣秀吉として出世できたかどうか。
その前に道三の警帽は後々帰蝶が大事にしてたと後世に伝えられていくのだろうか。

う~ん、あまり深く考えずに見たほうが気軽に楽しめるかもしれない。

次回はいよいよ今川が攻めてくる?
村娘(前田さん)が今川の首を取る大義名分になるのでしょうか。

【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1274-5e1a5840