/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

指輪に託す想い…戦国の定めと叶わぬ愛 ◇ 11.10 OA

5話は市の輿入れと恒興の片思いの話でした。
ん~まるっと1話かけなくてもと、ちょっと思いましたね。
恒興メインで女の子たちドキッとさせちゃうぞ!
という狙いがあったかどうかはしらないが、
そんなに恒興にしんみりもできなかったかな。
市をあきらめて市のために指輪まで書状とともに送ったのに、
今ひとつ、恒ちゃ~~~んって思えなくて。
ってか市は前回、恒興はよき話し相手じゃって言ってるし。
まだ浅井さんの方が男気あってよかったわ。
「よき夫婦になろう」なんて市を丸ごと受け止めてくれてさ。

それよりも…ギンギラギンにさりげなくの半兵衛さんを探してしまうのである。
あまり家臣たちと親睦を深めたりしないキャラなのかな。
友情出演だからPと友情深めてんのかしら。


市役の水原さんは嫌いじゃないんだけど市としてはちょっと違うかなと。
イメージはあってるんだろうけど、でもあの子役見ちゃうとね…可愛すぎた。
市が戻ってきて柴田勝家と一緒になるなんて…想像を絶する。
まぁ勝家は花占いなんかしてたりして意外と乙女チックな部分もあるのだろうが。

冒頭の籠の中のホトトギスは、織田家という名の籠に入った市ってことなのかな。
「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」
サブローと間違えられて城に戻って来た信長の句ですが、
これって本物信長の悪が浮き出てる気が…いつかサブローと対立しそうだよ。

もしサブローならなんて詠んだだろう。
「泣かぬなら放してあげようホトトギス」
きっと籠の中が居心地悪いんだよ。可哀想だから放してあげようって言いそう。
まぁ、でもサブローってそんなにいい奴だっけ?と思わないでもないが。

市をレッドカーペットのバージンロードを歩かせ、
白無垢に白の打掛がウエディングドレスのようでもあったし、
自分が知る結婚式を用意してあげたサブロー、何となく風格が見えてきました。
…もう高校生のサブローじゃないんだね、きっと。

だったら靴下はもう履かない方がいいよ、ボロボロになってるはずだから。
そろそろスニーカーもやばいかな。
サル君磨いたから痛みに拍車かかってるかも?…なんてね。

市の輿入れで夫婦について考えたらしいサブローはちゃんと夫やるよと。
おまえ~世継ぎ作らないかん身分で今そんなこと言うんか(笑)
デートなんて言ってる場合じゃないぞ~~~。
でも帰蝶はデレデレでした。
そんな帰蝶を険しそうに見る眼差しの人物。
本物の信長は本当は帰蝶のこと好きだったのか?
帰蝶を取り合っての本能寺の変とか、マジやめて~。

そんなこんなで次回は刺青古田さん登場。
そして市の嫁ぎ先、浅井との不穏な空気も?
今回これだけのすったもんだ、
市をを嫁がせる→やめる→絶対攻撃しませーん→やっぱ市を嫁がせます
と浅井を翻弄しておいて、
また市の幸せを願うなんて言ってたサブローが、
どんな理由で浅井を攻撃するのか少し楽しみではあります。

【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1281-4476184d