/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「罪と罰」  ◇ 11.11 OA

入れ替わりものの最上級だよね…入れ替わったまま死ぬなんて。
夫の共有から、お互いの体を共有することになって息子も共有。
そして死まで共有することになるかも?なんて。

それを天罰だと言う薫(体は友美)の悟りはなんなのだろう。
友美から夫を奪った天罰?
お腹の子が流産した時ホッとした天罰?
そうやって納得するしかなかったってことなのだろうか。

乳がんだと知った友美(薫の体)は

自分の体が死ぬのもいやだけど薫がこの世からいなくなっちゃうのはやだ。

入れ替わったことによって、大事なものに気づくんだね。
友美のお母さんの本音もきっと友美のままだったら聞くことはできなかった。


5話は子供たちの可愛さ優しさにもグッと来たよ。
春子の長男が、泣いてる春子を見てお兄ちゃんを発揮したこと。
普段はババアなんて言ってても母を見てるんだろうなって。
春と冬どっちが好き?の下りでも、春の方がいいでしょ~と騒ぐ春子に、
「はいはい」ってあしらってて春子より大人かもって。
健人の「靴ぬげちゃった」って戻るとこが何気ないんだけどめっちゃ可愛かった。

薫と友美の覚悟と、友達の告白を聞いた春子の気持ちがすごく丁寧に描かれてたなぁ。
それぞれのセリフやその行間に気持ちが込められててよかったなぁ。

頑張るけど…もし私に何かあったら‥
もし私が死んだら~すべて話して洋介の奥さんになって。
健人君のママはあなたなんだから


言われなくてもそうするよ。

あっそ 

当然よ

悔しいから死ぬのやめよっと

…重い中でホロット来るやり取りで相手への想いがあふれてる。


色んな事が起こる‥年頃なんだろうね

なんでこんなことになるんだろう
みんな頑張って生きてんのにね


…明るい春子だから余計にジーンとくる。


あなたのことなんかで泣かないわよ

あなたのことなんかで誰が泣くか

好きにすればいい 


自分も大変な状況なのに、
友達を想って泣く春子が素敵でした。

それなのに男たちは何も知らずにね~。
修羅場で出す結論は本当の答えじゃない。
選択肢があるうちに答えを用意しておくんだって。

いつものように薫の元に行くといつもと違う薫(友美)。

世界は洋介の想定の範囲内に全て収まってるわけじゃない

奥さんとセックスしなさいよっ

薫(中身は友美)から妻が乳がんだと知らされ、
自分には何も伝えられないことを知る。

教える価値もない最低の夫だからじゃないの?

友美は薫と入れ替わって変わったね。
そして薫(友美の体)としなさいよって…
なんか不思議だよね。
元自分の体抱きなさいよって言ってるわけだし。
妻でいる時は言えなかったのに。
薫になって薫の強さを身に付けた友美になったわけだ。
失ったことばかりじゃない…それによって得たこともある。

そして洋介は…ピエロなんだよね。
妻と愛人の間で上手く立ち回ってるつもりが、
実は愛人と妻が入れ替わっててまるっとお見通し。
ジタバタしたくないってのは、ジタバタする前置きだったわけで。

これから修羅場を迎えて洋介がどんな答えを出すんでしょうね。
その前に妻の乳がんという現実が、
用意しておいた洋介の答えを変えるかもしれない。
ジタバタする洋介が見たかったから、これからが楽しみです。

そしてエンディングの「おんなじさみしさ」
ふわっとした曲なのにちょっと切なくていいですね。
ドラマがシリアスな内容で重くなりそうなところを優しく包んでいい感じ。
どこかに救いがありそうな予感を与えてくれます。

【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1282-a0672345