/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

禁煙を始めて8年がたちました。

この時期になると煙草を吸う夢を見る。
まぁそれは偶然ではなくて、
禁煙記念日を意識するからなんだろう。

そして今朝久しぶりに夢を見ました。
もちろん吸ってましたとも、スッパスパ~と。
あたしって禁煙したのにタバコ吸ってたのね~ダメダメじゃん。
と眠ってる脳が思ってた。
でも途中から夢だと気づくと手にしてた煙草は消えていた。

もう煙草を吸ってる人が隣にいても何にも思わなくなりました。
いや正確には「やめたほうがいいのに…」と思うけど。

煙草は単なる呪縛。
吸わなくなっても自分がどうにかなることはない。
むしろ精神は安定すると思う。

今の若い子は嫌いな人が多いのかな。
甥っ子も兄が吸ってると「くっせぇなぁ~」と心底嫌そうに毒吐きます。
ほんの少し兄に同情します。
喫煙者の立場は弱まるばかりですね。

税金払って煙草買ってるのに、
隅っこで吸っても人に煙たがられてじゃ悲しいです。
いっそのこと、煙草捨てませんか?
…と兄に言えないことをここで言ってみる。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1286-32bd5c01