/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2016年が始まってはやひと月が過ぎようとしています。
今さら「明けましておめでとうございます」もないですよね(笑)

近況としましては、
この2か月の間、嬉しいことも切ないこともありました。

藤木さんの作品に歓喜し、
藤木さんの予定に歓喜し、
藤木さんのメモリアルな言葉にしみじみし、ちょっぴりチクッと。

藤木さんの20周年と時同じくして姪っ子も20歳を迎え、
先だっての成人式で立派な女性の姿を見せてもらいました。
輝いてた姪っ子は私にとっては誇らしく、頼もしく、
と同時に、すぐ私の膝に座りたがった女の子は、
もういないのだと思うと寂しさもありました。
未来に向かって走る姪に恥じぬ生き方を私もしなきゃと勇気ももらいました。

そして今年受験生の甥っ子が二人。
嫁いでいった妹が一昨年あたりから色々あるようで、
よく話を聞いているのですが、その子供が高校受験です。
不安定な家庭環境で自分の進路に立ち向かって行くのは大変だろうなと。
もう一人は兄の子で大学受験。
二人とも、未来に向かって頑張っていって欲しい。

子供のいる家庭は未来に向かって生きてるんだと、時々羨ましくなります。
実際子育てしてる方にしてみたら、
この大変さわからないでしょう?…と言われてしまうかもしれないけど。

でも、父母と3人暮らしてると時々滅入ることもあってね。
変わらないと思ってた日々が、知らないうちに少しづつ変わってきてた。
これからどうなっていくのか不安だけど、でも未来は明るいと信じてたい。
このまま老いてくだけの日々じゃないと。

なんだか2016年一発目から暗い話題で申し訳ない。

そんなわけで、今年も細々とやっていくつもりです。
どうぞよろしくお願いいたします。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1309-923e6adc