/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

禁煙という言葉も忘れつつあったのですが、
2016年の年が明けてから色々なことが変わり始め、
少しづつストレスがたまり始めました。
禁煙9周年を迎えるころ、ふと私の中に眠ってた喫煙欲が芽吹きました。

「もう知らない もうどうなったっていいや・・・」

「そういや以前はこんなモヤモヤした時煙草吸ってたよなぁ」

「吸う? もうなんかどうでもいいや… 煙草吸おっかな」

なんて自分を虐めるような思考回路でした。

でも思いとどまったのは、吸った先には何にもないとわかってたから。
吸ってる時は、気持ちがスーッとしても、自分の中のドロドロはなくならない。
それがわかってたから、実際手にすることはしなかった。

その後、心に少し余裕ができてストレスは減ってきたけど、
たぶん私の中にはまだストレスがたまってる。
また何かあった時には、私のストレスコップは満タンになり溢れ出すのだろう。

その時にはまた喫煙欲が顔を出すかもしれない。
喫煙によって得ていた解放感とかそういうものが、私の中にある限り。
でもそれが一刻のことだともわかっているから、
顔を出したら引っ込めて、顔を出したら引っ込めて・・・・
そんなモグラ叩きを時々は、しなきゃいけないのかもしれません。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1313-ca735a01