/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
逆に楽しいデート ◇ 4.29 OA


その気になれば仮氏なんてチョチョイのチョイよと得意満面で始まった3話。
しかし終わりにはアベレージ君には核心突かれるわ、
エベレスト君のそばには若い登頂女子がいて、
39歳が重くのしかかるみやびでした。

「好きな人か、結婚できる人か」
悩ましいですよね。
39歳までおひとり様できたみやびには結婚できる人という選択肢はないのかなって。
だってもともと結婚したくて仕方なかったわけでもないし。
いつもは上から目線であーしろこーしろという十倉が、
みやび自身できめなさいというのが、
ほんとにみやびに幸せになってほしんだなって思えた。
面白いおもちゃ見つけてからかってるわけじゃないんだと(笑)

みやびに婚約者に格上げされた直後に、
好きな人が…と振られてしまうアベレージ君もかわいそうな気もしますけどね。
ただ出会ってすぐ紹介状書いてもらうという打算的な面もあるしどっちもどっちか。
自分が平均超えるために美人女医を妻にするというのもね。
そして39歳の開業してる女医に対して、
郊外に家を買って子供は二人って…
相手見て人生設計しろよと言いたくなりました。
下手にお金目的じゃないだけましなのかもだけど、
アベレージ君の人生設計に妻となる人の意志が尊重されにくそう。
逆にベタベタなマザコン設定かと思えばそこまででもなく、
母親を大切にしてるんだなと好感もてた。
趣味活ではそこそこだったアベレージ君が
外で会うと世間に紛れちゃうのには笑いました。

しかし今後みやびが婚活するとき、アベレージ君が地味に効いてきそうです。
まぁエベレストを目指す分にはいいんでしょうが、
本気で結婚しようと思ったらアベレージ以下は選択したくないだろうし、
となるとアベレージ君が実はお宝だったと…婚活女子のうんちく通りに。

3話はみやびの仮氏からみが多かったせいか、
十倉とのからみが少なくてちょっと物足りなさもありました。
それでもみやびに自分の住まいを知られたくない、
十倉のうろたえぶりがツボにはまり、
この先みやびと十倉が同じマンションに住んでることが判明する展開に期待します。
そして同じマンションとなると、プライベートな接触が増えたり、
お互いの部屋を行き来することもあったりするのかとか…先が楽しみです。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1315-1622b750