/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
かもしれない女優たち、面白かったです。
前作も見ておけばよかった。

女優さんが、扉を開くとそこはターニングポイントで違う選択をした自分。
そして別の道を切り開いて成功したり幸せをつかむ。

広末さんは、過去に出版したお掃除本に火が付き、
タイム誌に乗り世界中を駆け回るお掃除アドバイザー。
井川さんは年商1000億の会社社長との結婚。
斉藤さんは大学の論文が認められ、ノーベル賞。


でも最後はまた本来の女優に戻り、「かもしれないよ」って(笑)

女優という現実と妄想の境界線があいまいで、
楽屋で中で起きた夢のような話なのかなと思いました。
しかし堂々とあるく3人を見ると、やはり女優なのだろうと。

でもさぁ、負け組になっても成功するって…
やっぱ勝ち組の人たちってことなんだよね。
ってか現実勝ち組だからドラマでも勝ち組なわけで・・ってわけわからん。

わけわからんと言えば、前作の撮影シーン。
一回目は知らないエキストラで、2回目は井川さん。
井川さんが”かもしれないワールド”に入ってきたから、変化が起きたんだよね。
バーのママも、斉藤さんが入ってきて、しずかママだっけ?と入れ替わって。
広末さんはそういう立場が変わる人はいなかったね。

芸能界だけじゃない、この世はイス取りゲームみたいなことってあるよね。
1人1人は唯一無二の存在なはずなのに、
俯瞰で見たら私の代わりにあの人がいるみたいな。
取られた人は、取られた~って思うけど、
そこが空いてたから他の人が入っただけで、別に代わりってわけじゃない。
もし私がこの世からいなくなっても、私が存在してたスペースは他の人で埋まる。
・・・・なんてなことをポカンと思ったりしました。


藤木さんは本人役ということで、
バカリズムさんが考える藤木直人像に興味津々でしたが、案外王道でした。
女性の幸せの中の一つの結婚、その象徴としてイケメン、金持ち、いい人。
現代の王子ともいえる役だと思いました。

最初は俳優・藤木直人で登場。
井川さんにご挨拶にいったがために、"かもしれないワールド"へ。
俳優やってなくても、年商1000億の会社社長、こちらも成功者だ。

どこかにサラリーマンでいいから藤木直人いないかなぁ。
月収30万でもニヤニヤしちゃうんだけど。

てな私的なことはおいといて、イケメンで金持ちならそりゃ~寄ってくるよね。
それを隠すためにカジュアルな恰好で自宅に入れない藤木社長。
しかもタコ呼ばわりされても浮気疑われても、
ノープロブレムでプロポーズするいい人っぷり。
バカリズムさん、藤木さんに貸しがあるのか?

最後女優3人が歩いてる背景に、
リリーさんや斉藤さんの大学生のお友達がいたんだけど、
藤木さんはいなかったのはなんでだろう・・・
俳優藤木直人がチラッと映っててもよさそうなのに。


最後に、バカリズムさんすごいなと思ったところ。

かもしれないという世界観に、斉藤さんが書いた5次元の論文で括ったこと。
物理とかそういうの全然チンプンカンプンなんだけど、
なんとなく繋がってんだろうなって思った。

「卒業」で斉藤さんが号泣したとこ。
♪ ああ卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう
 でももっと悲しい瞬間に涙はとっておきたいの ♪


この取っておいた涙が今なんだなと。
2度目の卒業式を迎える今、流す涙。
すごく印象に残った場面でした。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1329-48bd8ab3