/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

3話は割と見やすかったです。

使い倒された手錠ネタ(手錠ではないが)かよ‥とか、
ホームレスのコスプレ意味ある?とか、
わざわざ妄想を映像化しなくても…とか、
まだまだ思うところはあるけれど。

ヘリで逃げる犯人を逃がすまいと、
つかまる京極に引きずられた亮太の足にロープが引っかかって、
ヘリが上昇できないというバカバカしくも笑えたし、
まさかそのあとユイの乱闘した角材が、まさかヘリ直撃というのにも笑えました。

ただドラマの本質的に面白いかって言われたら微妙かな。
京極の真っ直ぐさはいいんだけど、
いまひとつ魅力が感じられないのは残念です。


今週の松浦は、現場まで絡んできてよかったなと。
遠藤(佐野さん)の後釜なのにちょこちょこ中央警察署にきてるけど、
現場主義なのか、よっぽど京極が気になるのか。
ま、それ以上に来るのが部下の若山だけど。

これから京極とガッツリ対峙してくれないとモチベーションがもちません。
不敵な笑みでのんきに絵をかいてる神野も、
そろそろ正体を匂わせて欲しいところです。

次回は松浦にかかわる事件のようですね。
安易に登場人物の家族や友人を使うんじゃない!
と思いつつ、楽しみだったりします。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1331-8ac904a7