/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
宿敵長男に復讐!一族崩壊へ  ◇ 2.21 OA

7話は雪が印象的でした。
心情を表現するのに雨はよく使われるけど、雪はまた格別。
一ノ瀬の凍った気持ちを、晃の孤独と絶望をより深く表してた。

前回死んじゃうの?と心配した二科興三…生きてたよ。
そりゃそうだよね、ここで死んだらあっけなさすぎる。
一ノ瀬は、興三が一命をとりとめ安堵する二科家を
揺さぶるかのように晃に復讐する。

二科カテーテルの工場改修工事を勧めてまんまと2千万だましとった一ノ瀬。
一ノ瀬の目的はお金を取ることじゃないよね。
あくまでも手段。
でもこうやってお金をだまし取って、
仲間とイェーイなんてやってるとこれは復讐なのか詐欺なのか?とモヤモヤする。
もちろん一ノ瀬の懐には入ってないけど。
このドラマの復讐テーマ、生き地獄ってのが未だにしっくりこない。
あ、ドラマ自体は面白いんだよ。面白いんだけど…。


さて今回晃が2千万だまし取られたことで、隆の反撃がはじます。
晃と隆のPCがウィルスに感染してたこと、
晃が騙されたことで詐欺として動けること。
…でも甘い。隆は詰めが甘いよ。
せっかく一ノ瀬の前でクビだ、役員からも降りてもらう!と、
一ノ瀬が望んでいる状況を演出できたのに
二人で話したいと屋上で粉飾決済のこと話しちゃうから・・・・
早速キャバ嬢に扮したハルカに知られることになる。
晃よ‥‥何度騙されたら気が済むのよ。
一度騙されたら学習しようぜ。

そして楓。
隆が次に災難が降りかかるのは晃だって言われて、
そのまんま一ノ瀬に話すから、隆が何か感づいてるってわかるじゃん。
一ノ瀬が対策とるじゃん。
おしゃべりな兄妹だ。
ま、それだけ人が好いってことなんだろうけど。

次のターゲットは六車。
さすがに二科家のような甘さはないだろうから、
一ノ瀬の罠など蹴散らしてもらいたい。
・・・・ってどっちの味方や!?

最後に個人的に7話の見どころポイント。

・晃が騙されたとわかり・・・
手からボール落ち~の、それ踏み~の、よろけ~の、それを隆が横目で見~の。
安田さんやってくれるな~。シリアスなのに笑ってしまった。
不器用でついて無いという晃の人となりが、その一瞬に凝縮されてたように感じた。

・隆の心の叫び…
ほんとうは社長になんかなりたくなかった。
会社は晃に任せて自分は好きな開発の仕事に集中したかった。
そうか、だから医療ロボットに熱が入ってたんだね。
会社の起死回生のためでもあるけど、隆個人の思い入れも強かった?
隆が晃に本音をぶつけるシーンがよかった。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1340-7c011e14