/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

最終章へ恩人に復讐…宿敵一族と全面戦争に ◇ 3.7 OA

さすがに三瓶に復讐はできなかったね。
合成写真をばらまいた時には、やっちまった~~~と思ったけど、
同じ誕生日の娘と陽一、
娘より自分を優先して祝ってくれた三瓶を陥れることはできなかった。
もしばら撒かれて破談になったとしても、
三瓶は一ノ瀬を恨むことはしなかったんだろうね。

長い間お父さんをお借りしてました…と頭を下げる一ノ瀬がよかった。
初めて一ノ瀬の温かさを感じられました。
三瓶に救われたんじゃないのかな。
でも興三で終わりにしたら、
また心機一転詐欺やろうって言葉が何か腑に落ちなかった。

最後の仕上げで音声データと粉飾決済を餌に、
興三に謝罪会見を望んだ一ノ瀬。
謝罪なんてできっこない、音声を世間に流して粉飾ばらして終わり。
…のはずが、まさかの謝罪会見。

しかし興三が謝罪するのは粉飾決算のことで、
しかも一ノ瀬に強迫されてると。
おまけに医療ロボットも発表して粉飾決算をかすませた。

さすが二科興三。
百戦錬磨、議員や院長など利用してきただけのことはある。
それも二科コーポレーションと家族を守るためだよね。
興三らしいやり方。
これで警察に追われる身となり、
百田らの裏切もあり窮地二陥る一ノ瀬。
最後に大逆転を狙う最大の盛り上げ方でした。

百田は一ノ瀬を裏切って隆と取引してたけど、どうも信用できないな。
音声ファイルだってカズキなら復活できそうだし、
万が一のためにカズキのPCに入ってる可能性もある。
甘いよ~~隆さん、詐欺師なんて信じちゃだめだよ。
現に百田はカズキに医療ロボットのデータ盗ませてるし。

そうそう粉飾決算を漏えいさせた晃に逢いに行ったとき、
もう隆はあえて責めることはしませんでしたね。
晃も隆が社長になって変わった理由がわかったと。
皮肉なことに今になって兄弟のわだかまりが溶けた。
野球少年を前に、土手で話す二人の姿が妙に印象に残りました。

さて、いよいよ今夜が最終回です。
見どころとしては、

・一ノ瀬の反撃
・晃の決着の仕方
・隆が大事にしてきた医療ロボットの行方
・興三の謝罪と絶望
・六車は一ノ瀬を殺すのか
・二科家の結束はあるのか

ってところですかね。
75分 69分で足りるんでしょうか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1342-bad355e5