/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ようやく仕事も一息ついて余裕ができたので、
ドラマ最終回前に追いつこうとここ2,3日、録画見て感想を書いてました。
9話に書こうと思ったけど、長くなりそうなのでここで結末予想を。
見たくない人は見ないでください。

9話を見て以降このドラマの落としどころってどこだろうと思ってた。
復讐が中途半端に終わるのもだめだろうし、
だからって「復讐大成功!」詐欺師に戻りまーすっていうのもどうかなと。
そしてらふとある考えが浮かんだ。

一ノ瀬をかばって晃が死ぬんじゃないかって。

キーマンは晃。
一ノ瀬を引き寄せたのも晃だし、
そもそも興三が千葉父を殺すようにしたのも晃のため。

自分が決着つけなきゃと言ってた晃。
興三が六車にGOサインだして一ノ瀬を殺そうとしたところへ、
晃が代わりに刺されるなり撃たれるなりする。

これなら一ノ瀬と同じ苦しみを興三に与えることができる。
そして一ノ瀬にもダメージがある。

なんで俺なんかかばうんだよ…一ノ瀬は晃に多少の情はあるよね。
晃ももう償うことができないって苦悩してたから、
一ノ瀬の身代わりになることで30年前の罪を昇華させる。

六車は一ノ瀬を追ってた警察に逮捕。
三瓶の証拠もあってすべてが明らかになり二科コーポレーションは倒産の危機。
そこに医療ロボットが希望を生む。
二科コーポレーションはギリギリ倒産を免れ、
今までの経営方法を一新して隆が会社を守っていく。

医療ロボットのデータはカズキには奪われなかった前提ですが。
あれほどセキュリティを気にしてたからそのあたりは万全にしてたと思いたい。
そうそう詐欺師の思い通りにはいかせたくないし。

一ノ瀬も詐欺で逮捕されるものの隆が告訴を取り下げて事なきを得る。
ハルカと一緒にオーストラリアに行ってブログやるとか(笑)
今度こそ、嘘をつかない千葉陽一として生きていって欲しいな。

というような最終回を予想しました。
たぶん全然違うだろうけど。
晃は愛されキャラだった。
だからこそその波紋は大きいだろうと。

今夜の最終回が楽しみです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1343-0f212cf8