/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
禁煙を始めたころには、
10年も吸わないでいられるなんてイメージできなかった。
もちろんそのつもりで禁煙を決意したのだけど。

吸いたいと感じるその一刻一刻をどうやり過ごすか。
今日は吸わないでいられた。
明日も吸わないでいられるかな…いや吸わないぞ。
小さな達成を積み重ねていくうちに、
少しづつ煙草のことを考える時間が少なくなった。

そしてその小さな達成が10年という月日になりました。
心が弱ってた去年、
煙草にすがりつきそうになったけど9年の年月が私を抑制してくれた。
だからもう吸うことはないんじゃないかなと思ってます。
もう嫌っていうほど吸ったし、吸っても一瞬の解放と
そのあとには吸いたい欲望が押し寄せてくるのもわかってるし。
10年禁煙したという現実が、今後喫煙する高い壁になってくれるはず。

ドライな考え方かも知れないけど、吸いたい人は吸えばいい。
右肩上がりの税金払ってるのに人には煙たがられ、
病気の予兆があれば「タバコ吸ってるからでしょ」と冷たく言われ、
それでも運よく長生きできたらいいけど、
病気になって禁煙や余命を宣告されても、
「私は吸いたいから吸った。病気上等、肺がん上等!悔いはない!」と言えるなら。

私はそこまでの覚悟は持ち合わせてませんでした。
若いころは何となく吸って、嫌なことを煙と一緒に吐き出してそれでいいと思ってた。
病気してもいいや。
どうせ子供産めないし、それなら吸ってやるぜ…みたいな(笑)
でも年を重ねると、病気とか寿命とかが現実として見えてきた。
そして肺がんで亡くなった伯父さんが、私に禁煙するきっかけをくれました。
このまま吸ってて私いいのかな、後悔しないのかな、と立ち止まらせてくれた。

伯父さんには長生きしてほしかったし亡くなったのは悲しいことでした。
でも伯父さんの死がなければ、私は今でも吸ってたかもしれません。
同じように伯父さんの死に直面してる兄は今でも喫煙者です。
人それぞれなのかな。

伯父さんが入院してる時に、
伯母さんが言ってたことが今でも頭に残ってる。
見舞いに来てた友人たちが帰りに喫煙してるのを見て、
「あなたたち肺がんの人見舞いに来てよく煙草吸えるね」
と言ったそうな。
どこかで自分は大丈夫だと錯覚しちゃうのかな。
でも伯父さんもきっとそう思ってたと思う。

たかが煙草で大げさな…と思わないでもないけど、
でもたかが煙草で寿命縮めたらたまったもんじゃない。
・・・と思うようになりました。

大切な人が周りにいるのならなおさら、
今この時にやめたら未来は変わるかもしれません。


久しぶりの禁煙ネタでなに書こうと迷ってたけど、
すっかり長くなってしまいました。
今まで書いたことと重複してる部分もあると思いますがお許しを(笑)














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1347-62ecbcc6