/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

母のため僕はテレビに復讐する ◇ 1.09 OA

てぇへんだ、てぇへんだ・・・・から一週間(笑)
思わぬ百々瀬さんのキャラに驚きました。
愛の賛歌を歌い出した時もハラハラした。

内容はというと復讐ものにしてはちと弱い気がしました。
編集で白を黒にも黒を白にもできてしまうマスコミに対し、
同じやり方で井出をねじ伏せるのはいいとして、
「これがあなたのファイナルカットです」
う~ん、どうもしっくりこない決め台詞、しかもスカッと感もない。

逆にこんなんで謝罪して怒り心頭の
「てぇへんだ、てぇへんだ」
の方がよほどインパクトあったし、心奪われた。

母を自殺に追い詰めたマスコミに復讐する主人公なんだけど、
報道被害者からの相談を絡めてるから、
どこか人助けヒーローモノっぽくなって、
復讐心が見えてきづらいのかなとも思いました。
真犯人も探しつつでしかも本人警察官って!
…詰め込みすぎじゃないでしょか。
警察、探偵もどき、IT駆使(案外アナログ)、マスコミ、復讐、ラブ要素。
上手く絡み合って一つの線になれば名作になりそうだけどね。
今のところは、百々瀬さんが何をやらかしてくれるのかに注目してしまいます。

そうそう主人公の母役に裕木奈江さん。
マスコミにバッシングされる役にキャスティングするとは、見上げた心意気です。
あざといとも言うけど…
マスコミの在り方に一石投じてやろうという、制作のチャレンジ精神は買いたい。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1364-b2533c97