/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

ん~自分的にはイマイチでした。
色んなドラマから引用したような印象を受けて
新鮮味がなかったし、
やっぱり反町さんの野球選手引退、夢をもう一度と言うのがね。
わかりやすいストーリーだし
これから起こりうる大筋が、なんとなく予測できてしまう。
でも、最終回は見たいなぁと思います。

意外と目だってたのが、瀬川さんの家政婦。
いやぁ瀬川さんの個性を上手く利用してるなと。
志田未来さん、学校大丈夫なんだろうか・・・
常に出てるような気がするんだけど?
未来ある女優さんだし、
学校行くのも勉強するのも大切ではなかろうか。
反町さんは・・・うん反町さん・・・お変わりなく。

児玉さんが、なんか不憫でね。
なんかアタック25または博多華丸を
連想させるようなセリフなんだもん。
あの世を役所?お上?のように見たてて
組織を生真面目さで表現するのに児玉さんはあってるけどね。
今まで天使等が担ってきたのを違う解釈にして
今の政治を遠まわしに風刺も入れたのか?と思ったけど。

反町さん演じる小木は、プロテストを受けて
最後にもう一度、野球選手として試合に出たいんだよね?
でも、体を取られた人の会社はどうなるの?
どうせ反町さんが抜けたら死んでしまうんだから、
会社は放ったらかしでもいいのかい。
他人の体を借りてまで、自己の夢をもう一度手に入れる事に
意味はあるのかなぁって思っちゃうんだよね。

あと、やっぱ朝比奈の体を借りてる小木と言うのが表現が難しいと思う。
クセや歩き方、筆跡は小木だろうけど、動かす体はデップリ朝比奈でしょ?
腕立て伏せの場面では、思うように動かない体を表現出来てたけど
それ以外はねぇ。

あのデップリお腹からスッキリ小木に変わるトコは、違和感。
朝比奈の顔・体を見るのに、
鏡に映さないとっていうのが枷になってる気がする。

秘書や娘、家政婦が見ている小木が入った朝比奈を、見たいんだけどな。
今までとは違う朝比奈のギャップが見れないのは残念だなぁ。
ちょこちょこ朝比奈の顔を印象付けてくれないと
娘や社員に朝比奈がどう映ってるのかがわかりづらい。
もう少し、朝比奈という人物に重きを置いても良かったような。

まぁ、ヨミガエリよりも
野球とか夢に重点が置かれてるような気がするから
細かい事は気にしないで~って感じなのかもしれないけどさ。
それも、子供達に野球を推奨するドラマのように思うけど。
巨人軍の協力といい、下心が伺える。

夢を追うのに、なぜか野球やスポーツが絡んでくるのも定番です。
あんまりストレートに夢を美しく崇めるのは苦手。
夢がなくても生きていいんだよ・・・。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/137-977cebd9