FC2ブログ

/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私の赤ちゃんを救って…。湊が挑む!母体か子どもか ◇ 8.16 OA

新堂先生の過去を通して、命の優先順位を考えさせられる6話でした。
どっちもあきらめたくない、両方を助けたいという新堂先生。
自分が生き残ってはいけなかった…から、
自分が生き残った理由を見つけて前に進もうとする。
また強くなりましたね。

虐待する父親に逢いたかったと言われ喜んだのも束の間、
存在を否定され絶望へ落とされる新堂先生。
「おとーさん、おとーさん、おとーさん、おとーさん」と
連呼する姿が切なかった。
親に捨てられた子供のようで…
きっと湊はこんな風に何度も何度も父親に裏切られてきたんだなと。
その分兄が唯一無二の存在だったろうに。

医者は神じゃなくて助かる人しか助けられない。
前にも高山がそんなようなこと言ってましたね。
だからこそあきらめない。
でも、いくらあきらめなくても助けられない人はいる。
今回は赤ちゃんが助かってよかった。

改めて医者になるべく再出発した新堂先生ですが、
目の前には新たな困難が。

・小児外科の存続危機
・司賀院長の病気

どうなっていくんでしょう、次回も楽しみです。

そうそう一つだけ。
毎回新堂先生が優秀すぎて、
高山先生の優秀さが少し薄れてる気もしないでもない。
もちろん日本トップクラスの腕前でオペしてるのだろうが、
肝心な場面は新堂先生のアドバイスで危機回避。
瀬戸先生は新堂先生と相棒のようだし、科長に至っては…
まぁ、新堂先生の知識量にはさすがの高山先生も
追いつかない部分があるってことなのだろうか。

あと今回新堂先生の根幹を描くエピソードゆえに、
もう1話引っ張ってもよかったかなと思いました。
兄弟の患者などのエピソードを絡ませて深くしても。
意外とあっさり医者に戻ってきたなという印象もあったので。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1379-056f21dc