FC2ブログ

/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

冒頭でちょっと躓きそうになったけど、面白かった。
こういうの嫌いじゃないです。

神経衰弱な小川はとことん不運な男。
彼女をライバルに取られ研究室を追われ、奈良の女子高へ。
同じように不運な女の藤原道子(綾瀬)
しかし同じシチュエーションでも、不運を嘆く小川に比べ
不運を楽しむ藤原、対照的な二人である。
千秋先輩がちらつく玉木さんと蛍がちらつく綾瀬さん、
いいコンビになりそうだけども、
どこか相手を取り違えたような違和感がある。
やっぱ千秋先輩にはのだめちゃん、蛍にはぶちょおがしっくり。

まそんな事はおいといて、
奈良に来て画面ふんだんにうつる鹿たち。
小川の後をつける鹿ストーカーはCGだよね?
どこか精霊っぽく神々しい。

My鹿の言い訳をした女子高生堀田ちゃん
「鹿が・・・・」本当の遅刻の理由は「鹿が話しかけて来た?」
あの小川をつけてる鹿は
堀田に乗り移ったのか?はたまた堀田を操っているのか…
「鹿せんべい そんなにうまいか?」
ん~じわじわとこみ上げてくる面白さ。

鹿が語りかけてくるような表情と
EDの鹿の大群、主役は鹿と言っても過言ではない?
EDはNHK的で印象に残ります。

それと小川が間借りするあの建物は面白い構造。
なんとなく宮崎アニメに出てきそうな家です。
奈良の建物の特徴なのかしら・・・見学してみたい。

ちょっとと思うのは、小川の不運さを強調しすぎるところかな?
1話はまだ序章といった感じで
これから物語がどう展開して行くのか楽しみです。
独特の間合いが、嵐の前の静けさのようでドキドキします。
奈良の時間の流れがゆったりしていて落ち着きます。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/231-d5717192