/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

本格的に離婚裁判になったせいか、見入ってしまった。
まさか猪木が、法倫につくとはね。

だけど、法倫も律子も離婚したがってるように見えないんだよね。
お互いの意地の張り合いしてるだけで。
さんざん、離婚だ離婚だと言いつつも仲直りして来たわけで。
子供がかわいそうだよ。

律子の都合でさっさと退院して、
仕事先まで連れまわしてクライアントの前でオムツ替え。
そんなんでよく男社会のお偉いさん達からクレーム出ないのかと。
「授乳弁護士」なんて呼ばれてマスコミでイメージアップ狙って。
たしかにすごいと思うわ。
出産直後のお母さん達は、仕事なくても夜中の授乳で睡眠不足なのに
あれだけ仕事して、殆ど寝ないで育児してるのは。
でも、子供に怪我させる理由にはならないよね。
仕事が忙しいから、子供の怪我も誤飲も仕方ないなんて。
イライラたまって、「子供なんて産むんじゃなかった」って言っていいわけない。

律子は自分の事ばかりで明日の事を思っての行動が無いんだよ。

一方、法倫は釈放されても仕事もないし親権裁判に集中するしかない。
桜庭を味方につけようとするんだけど、律子からも証人を頼まれてる。
二人の間で苦悩する桜庭は、法輪の味方になるべく辞表を出すんだけど
「子供を産ませたあと離婚、親権をもらう」と法輪の口から聞いて
証人をキャンセルしちゃう・・律子側につくのか?

桜庭とは逆に、律子と一緒に住み力になってる猪木。
保育園に迎えに行ったり、律子の悩みを聞いたりしてるんだけど
法倫が遠くから明日を見る姿や、
律子の暴力的な部分、明日が怪我や誤飲したりを見たり
あげくに「産むんじゃ無かった」発言で、法倫が育てたほうがいいと証言する。
それぞれの頼みの綱が入れ替わってしまう。

猪木からしたら、法倫が離婚後の自分と重なったんだろう。
+明日にとってどっちがいいんだろうと子供の目線で見てるわけで。
そんな猪木に「女じゃないからわからない」と暴言。
これには私も切れましたよ。
身重の体で行くとこなくて、
「私をダシにして男と会わないでよ」と暴言を吐いたのにも関わらず
許してもらって、至れりつくせりだったのに・・・
なんて勝手な女なのだと。

でも猪木が証言したことで、法倫が優位になったわけで。
最終回、離婚となるのでしょうか。
予告では離婚したみたいな展開になってるけど・・・
案外、やり直すことになったりして?

そうそう、このドラマ犬の散歩で時間経過を表現するんだよね。
ソフトバンクのCMかと思ってしまったよ。
・・夫婦喧嘩は犬も食わないって事でしょうか。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/289-f481d6c8