/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

CGを駆使した映像は迫力があり、食い入るように見ましたが
人間ドラマの部分、特に主人公とヒロインに関しては雑だと思いました。
勝手な憶測ですが、監督はCG等の映像の方にこだわりがあって
主人公とヒロインはおまけ程度なのかな?

主人公が大切な人を救うためにヒーローになるのは
アメリカ映画でよくある話ですよね。
イギリスに行くつもりだった小野寺が、命の危険をおかしてまで
潜水艦で爆弾をセットする動機が弱くないでしょうか。

・主人公がフラフラ歩き回ってる。
イギリスに行くのを迷ってる?
だからと言ってこんな状況で徘徊、
周囲は死ぬか生きるかなのに小野寺は無傷。

・こんな時にラブシーン?
盛り上げるためでしょうな・・・
状況が困難であれば困難なほど、二人の愛がより強く見える。
見てる人に二人に感情移入させるため。

実際に映画やDVDで見てないので、カットされた部分も多いだろうし
ちゃんと見たらなるほど・・・と思えるのかな?
ドラゴンヘッドといい、
映像的には迫力あるのにストーリーがも一つってのが非常に残念です。
ドラゴンヘッド・日本沈没・・TBSはこう系統好きな人がいるんだろうか?
あと一つで、3部作完成!?
















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/306-4fff9072