/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

展開早いけど、テンポは悪い。
冒頭の前回ダイジェストの部分で、すでにガッカリ感。
泉谷さんの陳情長すぎ、しかも内容なんてないし・・・。
陳情相手と朝倉でグダグダ解決の糸口見えない会話聞かせられてもなぁ
目の前の1人をぞんざいにしない庶民派議員はわかったけど
忙しい大御所達を待たせるのはどうなの?
陳情相手には改めて時間を作る約束をして
会食へ向かえば丸く収まるじゃん。

のちのち泉谷さんが実力者だったとか
総裁選で朝倉にとって重要な協力者にっていうベタな展開なら笑う。


最近の世間の風潮を取り入れた国会王子とやら。
メディアに騒がれたっていうのも小泉さんの時を思い出します。
時代の後を追っかけて継ぎはぎして作ってるような印象で新鮮味がなかったな。

◎セクハラ問題で辞任する鵜飼総理(伊東)
◎人気にあやかって国会王子を首相に祭り上げようとする神林。
◎朝倉の家には、韮沢(阿部)やひかる(加藤)が住み付きシェアハウスの様相。


韮沢達とのやり取り、国会でのやり取り・・
登場人物が多いせいか、どうもしっくりこない。
美山(深津)の早口セリフも、なんか耳を素通りしてくんだよね。
年上の阿部ちゃん脱がせないで、キムタクさんが脱げばいいのに・・・
なんだかんだ言いつつも、阿部さん目的で見続けます。

3話ですでに総裁選となりそうだけど
結局朝倉はいつものキムタクさんの、情に訴える清い人物なんだろうな。
補欠当選してまだ何もわからないままで総裁選?総理大臣?
朝倉は劇中では支持されるのだろうけど
視聴者に支持されるのだろうか・・・・
永田町の議員さん達が
このドラマをどう見てるか感想を聞いてみたいよ。

#1












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/355-344d956b