FC2ブログ

/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
5話は勧善懲悪なストーリー。
おせんの啖呵はよかったし面白かったんだけど
ここまで単純にしなくてもなぁと思いました。

あの住宅会社は悪徳業者なのでしょうか?
展示場もあったし、いまどきよくある住宅メーカーに思えたけど。
手抜き工事なのかは知らないけど、基本構成を安くし、
オプション付けて利益確保するのは家に限らずなんでもそう。

確かに丁子(もたい)の手がける日本家屋は素晴らしい。
伝統を守っていくことは大事です。
だからといって、住宅メーカーはダメだって安易に言ってしまうのはどうかと。
木下家は守っていくべきだとは思いますけど
そのために悪者退治のように切り捨てるのは・・・

高級料亭で丹念に作られた料理はそれはそれは堪能できますよ。
だからといって惣菜の料理がダメってわけではないでしょ?

費用は高く期間もかかるけどいい家を作る大工
安価で短期間で手に入るマイホームを作るメーカー
共存してるなかで、木下の娘にそのよさを説いて欲しかった。
あの会社を、悪徳業者という位置づけにするなら
被害届けが出てたオチにするとかすればスッキリしたのかも。

一升庵で惣菜を買ってきて出すというのも、なんだか残念。
仮にもお客様・・・一升庵の看板が泣きます(看板は外してましたが)
やはりおもてなしの心で木下娘を説得して欲しかった。

次回はおせんのお見合い?
大泉さんの後は小泉さんですか・・・

#4












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/358-d6f760f9