/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

7話はとめさんが一升庵を出て行く話でしたが
無事戻ってきてヨカッタヨカッタです。

飲み屋でつい見栄を張って一升庵の料理を出しちゃったんだよね。
よくない事だってわかってても・・・
おせんとよっちゃんさんが塩麹で看板料理作るって張り切ってるのを見て
とめさん焦ってたのかな。

この事が清さんにばれて、けじめを付ける為に店をやめると申し出る。
おせんは、引きとめるでもなくあっさりと承諾。
でも、とめの働く店に、おせんが相談にやってくるのよ。
何かとおもったら、塩麹の看板料理が浮かばないと・・・
とめは店のみんなが好きなものをあげていって、豚肉ならと。
おせんは、じゃ作っておいてねぇ~と・・・

とめの作った豚肉の塩麹漬けは清さんを満足させます。
メニューに加えるには、とめを店に戻さなきゃいけない。
おせんがとめに与えたチャンスだったんですね。
おせんなりに、けじめはけじめとしてつけさせたのかな、
清さんの手前もあるし。

とめが食べる人の気持ちも考えないで、見栄で料理をした。
でも今は、美味しい物を食べてもらいたいという
真っ直ぐな気持ちを持ってる、そういって清さんを説得します。

お刺身を真っ直ぐ引く事=料理人の真っ直ぐな気持ちてことで。

ところで、あの塩麹は誰が置いといたでやんすかねぇ。

#6













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/373-d3f1f57f