/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

最後の雰囲気に流されてポロッと泣いた自分が恥ずかしいぞ。
宗佑が死んだら、友情青春ドラマみたいになっちゃって。

なんだかガッカリな最終回でした。
まずは死ぬ死ぬ詐欺がひどすぎる。
トラック、バイク、皿の交互の長いシーン・・・TV消そうかと思ったし。
瑠可が死ぬ?タケルが死ぬ?→ピンピンした2人にホッとするも怒りが。

そして美知留の出産後の慌しさ。
若い美知留が、異常な高血圧で難しい出産ってのに無理ないかい?
それとも体重増加で高血圧になったのかな?
美知留死ぬかも?と思わせておいて出産後のドタバタ。
もう~どうせ死なないでしょう?
もし美知留が・・なら2人で育てりゃいいじゃん→やっぱりピンピン。


エリとオグリンが可哀想だったわ。
さっさとミラノに飛ばされちゃってさ。
一緒になれてよかったとは思うけどね。
ミラノに転勤→さようなら→突然のプロポーズ→結婚式
唐突すぎる・・・今まで奥さん引きずってたのなんだったのよ。

瑠可の記者会見後のエリ、とってもよかったのに。
瑠可の気持ちに気づいてあげられなくてごめん。
言ってくれればよかったのに・・驚かないしびくともしない。
瑠可は瑠可だもんって、エリの優しさが沢山出てた。


タケルの持ち越した問題も、あれで終わりかい?
留可に慰めて貰えばそれでOK?
肝心なことは「言わなくていいよ」で濁して。
いや・・別に聞きたいわけじゃないけど
タケルがあれほどまで苦しんだ姉との確執なんだし
どれほどの傷を負ったのか見せてくれないとタケルの心に入れないよ。
直接的じゃなくても、姉と会って対峙することで
タケルの苦しみが計れるかも知れないし。
姉もシェアハウスまできたりクッキー送り続けたり、
何らかの思いはあるだろうに、まとめてフェードアウトですか?


宗佑も自殺して美知留に遺した手紙で
凶暴さを薄めて可哀想な男に仕上げてしまった。
宗佑が死んだのに、まだ腕が治らないタケルはどうなるのよ。
怪我させられ損じゃないか。
宗佑の死によってDVが風化した時に
瑠可が宗佑を死んだ事も含めて非難したのはよかった。


美知留は最後まで好きになれなかった。
宗佑が死んで、自分も自殺しようとしたり。
周りに押し流される人物でしたね。
銚子でも世話焼きなおばさんが、住む所働く場所全部面倒見てくれて。
おまけに炊きたてのご飯でウエッとなっただけで、妊娠したと教えてくれた。
単純すぎるだろう・・・
子供抱えて一人で生きてくのは大変だぞ~と思ったら
瑠可レンジャーとタケルレンジャーが助けに来てくれる。
子供の名前が瑠美・・・瑠可との子ですか?3人の子?
妊娠して宗佑に許された気がしたって言ってたのに、宗佑無視。
でも宗佑の血を受け継いだ赤ちゃんはシェアハウスで暮らすんだよね。
宗佑の赤ちゃんは一人ぼっちじゃないわけだ。


結局、DVやら性同一障害や恐怖症とやらはどうでもよくなったのかな?
DVも宗佑が自殺する事で終止符を打ち
SEX恐怖症は、打ち明けて慰められてOK
性同一性障害も、友人家族に理解してもらえてOK
瑠可はアメリカに行って手術するんじゃないのですか。
向き合ってないし、引き連れて生きていこうという気概も感じられない。


まぁ好き勝手書かせて貰いました。
こんだけ書いて、なぜ自分が放送で泣いてしまったのか不思議。
せっかくいいドラマだなぁとじっくり見てたのに、いい部分まで色あせそうだよ。
でもまぁ3ヶ月楽しませて貰いました、ラストフレンズ。
最後の美知留のモノローグで
そういやタイトル「ラストフレンズ」だったなぁと思った次第です。
友情物語と思えば・・まぁこんな結末もありか。

#10













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/390-c22d5706