/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

おや?もしかして朝倉総理の死ぬ死ぬ詐欺でしょうか。
しかしあらゆる手を使って盛り上げてきますねぇ。
この展開は小渕総理を思い出すんですけど。
使えそうなネタは何でも盛り込めってことでしょうか。


さて神林の策略で過去の収賄疑惑が雑誌に掲載。
お金受け取っていた議員リストには、今の朝倉内閣の閣僚の名がずらり。
神林最初から、保険かけておいたのか。

否定する閣僚達を信じた朝倉だが
今度は小野田が収賄を受けていたと掲載される。
小野田は真実を話し総理の指示に従う、引退も覚悟する。

騒動が続き支持率も下がる、総理の疲労もピークに。
国会の質疑で神林から問い詰められ
責任を取るといいかけ、倒れてしまう朝倉。
国民が注目する国会で倒れるとは、支持率が上がりそうな倒れ方ですね。

これやっぱ総辞職ですかね。
倒れたことで風向きが変わってそのまま・・・ってこともありそう。
でもそれじゃ、収賄疑惑の収束がつかない。
神林をどうするかなんだよね。
改心させるか、失脚させるか・・・


キャベツ農家の座り込みに総理が動くってのは納得行かない。
いちいち対応してたら、駄々こねたもん勝ちの世の中になる。
災害で作物がダメになる事なんて、農家なら皆リスク背負ってる。
あれは噴火の灰によるダメージで援助が受けられるのかも知れないけどさ。
洗えば食べられますよと言って、出荷が決まったなんてそんな世間甘くないよ。
なにかあれば買わないのが購買者心理。
まぁね最初から目の前で困ってる人がいたら放っておけない総理ですが
見えない所で困ってる人こそ目を向けないといけないと思う。


韮沢はせっかく官房長官になったのに、あんま出番ない。
二ラッチと呼んでくれって・・・人気者になりたかったのね。
最終回は90分SPだそうです。
いよいよCHANGEも終わるかぁ。

#8













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/407-2d86d63e