/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

生徒達がドラマを展開していき
舞(深田)との距離感が離れてるんですよね。

ドラマの印象としては、生徒野放し学園・・・
教師が弱く、重しとなる人物がいない。

舞はどちらかと言うと生徒に近い存在で
氷室(谷原)は引きこもり校長で、舞の背中を押す存在。
本人は冷静だと思っているが舞の天然により結果味方になってる。
校長代理の影山(伊藤)は、ヒステリーっぽく上から押さえつけるだけ。
どっしりと生徒や舞を見守る存在があると、見やすくなると思うんだけどな。

本来なら伊藤さんが校長か理事長あたりで、学園全体を包む目線なら
生徒達のドタバタもかわいいもんだとと笑えるのかも。
生徒の目の上のたんこぶは、、も一人大人を加えたらいい。

始まってしまったのを今さらどうこうもないんだけど
校長代理の伊藤さんがあまりにもな役柄で同情する。
今後、校長が表にでてきて存在感を増せば、
学園の浮つきがまた違った目で見られるかもしれません。

個人的に注目してるレイ役のみづきちゃんは
妊娠してしまう役らしい。
あれほど古田さんが14歳の母はあかんと言ったのにぃ。
生瀬さんのような父親はいないと・・・
みづきちゃんは金八にも出てたし舞台も経験者。
度胸も座ってるし、いい女優さんになると思います。

#1













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/433-f67b5863