/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

あれっ、コタツいつしまった?変わりに扇風機が…
どこまでもレトロな事務所。
「暑いわ~」「暇やわ~」「たるいわ~」と連呼する社長、
冒頭はいつも古田さんの腕の見せ所となってます。

事務所には、退屈そうな社長一人を遺してそれぞれ仕事に。
黒田---?
まりもみ---レコーディング(サウンドシティ)
樋口(藤木直人)---ドラマ収録(渋スタ)→直帰

っておい~!樋口(藤木直人)はいつからイケプロ所属になったのよぉ~
黒田がキューブに帰してたじゃん。
知らないうちに引き抜いたの?…横取り??


樋口出演のドラマは「プロポーズ小作戦」
「第10話」の台本を読んでる樋口。
何気に番宣入ってる?携帯配信?

黒田 「いやぁまさか月9が決まるとはなぁ 樋口、ボロださんよう頑張れよ」
9絵文字名を入力してください月9かい~台本に(全155話)って書いてない?終わるの何年後?

樋口 「あの、一つ聞いてもいいですか?」
黒田 「なんや」
樋口 「月9ってなんなんですか?」
黒田 「お前月9知らんの?お前月9ゆうたら…
    そりゃ後で説明したるから、とにかく台本読んどけ」
樋口 「は、ぃや~こんな沢山の台詞覚えられる自信ないんですけど」
黒田 「舞台やないんやからな、ドラマやねんから
    シーンごとに撮ってるからそない覚えんでえぇ。
    ちょちょっ、いっぺん声出して読んでみぃ」
樋口 「え~披露宴会場のテーブル付近にて何か気付いたような表情をする藤木直人・・・・」
演出家みたいな表情の生瀬さん‥
黒田 「そりゃ、ト書きやろ お前
    そんなとこ声出して読んでどないするん、しかも訛りながら。
    ・・・先が思いやられるなぁコレ」

事務所に一人ぼっちの社長。
古田さんの一人芸をお楽しみ下さいませ。

社長 「(木馬を撫でながら)暇やわ~・・・堅いわ~ ・・・木馬堅い
   いつからおんねんやろこの子ぉ
   金色やぁ・・金馬や~・・・この子金馬やぁ~  」

まりもみは、「星になる!!」をレコーディング中。
不穏なタイトルだと思ったら、スターになりたいっていう意味ね。

八十山兄弟が、ロン毛で音楽プロデューサーに変身。
山西 「は~いOKオーライ、今のテイクぅ、頂きマッソゥル」
八十田「りえちゃ~ん、今度バラエティのお仕事決まりそうなんだって?」 
りえ「えっ?そうなんですか?」
八十田「あれぇ黒ちゃんから聞いてない?こりゃズイマー 今のは(口チャック)これねっ」
山西 「フハハハハ よぉしっ、じゃぁノリノリでもう一曲いってみよう」
みるからにあやしいエセ業界人 なぜにロン毛?なぜにヒッピー風?いつの時代?

野田社長(元イエローキャブ?)と電話する池田社長。
野田ちゃんとこは皆売れっ子であやかりたいとか。
MEGUMIをべた褒め…そろそろゲスト登場か?

■MEGUMI 登場
なんとウエディング姿!
そうかプロポーズ小作戦は番宣もかねつつ本筋の芯なのか。

「助けてください」とドレス姿のMEGUMI。
社長、「卒業」のシチュエーションを思い浮かべダスティン・ホフマンを探す。
が、MEGUMIは気がつくと1人で教会にいたのだ。
誰かと結婚するはずだったが、誰だったのか忘れてしまったと。

じっくり話を聞く事に…なぜか八十山兄弟もトークに参加。
社長 「あんたら呼んでへんでしょ?」
双子 「枯れ木も山の賑わいです」
絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください息ぴったり。そして「枯れ木」が八十山兄弟のイメージに微妙にあって物悲しい

八十山兄弟は社長にいじって貰いたかったようだが
さっさとMEGUMIとトークの世界へ。

MEGUMIの結婚観
今まで意識しなかったが25になったとたん、周りが騒ぎ出した。
田舎が岡山で、子作りかボーリング位しかなく
同級生達は結婚し子供もいるので、意識する。
社長の「どっちも○○をもてあそぶ」発言あり
だんだん結婚式もふえるMEGUMIに対して、
古田さんは、葬式が増えてお仲間が減っていくのだそう。

最近多い出来ちゃった婚について…
山西さん(東男)出来ちゃった婚には反対派だが
MEGUMiは、付き合って結婚するきっかけとしては良しだと。

古田さんは、契約書をキチンと交わすべきと主張。
●結婚と言う契約書を交わす。
●別れにくくするために、子供を作る(夫、主導)
その下心は、好きな事をするためだそう。
奥様の目を母の目にさせる、
2年は母の目になるからその間はやり放題!!

って古田さん…悪知恵働きすぎです。

MEGUMIが結婚して稼がない男だったら?
…意外と面倒みちゃうかも?ちょっとダメな奴が好き。
技術さんのような、キレイ系よりいなたい感じが好き。

社長 「いなた~い女の子もええけどな。…靴下グレーの女の子」
MEGU 「います?2007年にいますか」
社長 「いるいる。新潟とか」
MEGU 「肌ピッカピッカのような?」
社長 「おしゃれよりも寒さによわい…そっちの方もいいわね」

社長 「今、手広くやってるわけじゃない?
   ドラマやってるし、バラエティーもやってるし
   25になって仕事は面白いし…事務所内でも発言権も出てきたし」
MEGU 「わ~もう生生しい~」
社長 「今まで、ハイハイ言うててんけど
   『ん~私もうぶっちゃけその人とは仕事したくない』みたいな
   そういうことが言えていくでしょ 」
MEGU 「なるほどね~そう…ですねぇ、わかります」
社長 「MEGUMIちゃんとこバラエティーの仕切りとかまわる事も
   多くなって来てるやんか。 
   この人は嫌やな~みたいな人はいる?苦手でもいい」
絵文字名を入力してください絵文字名を入力してくださいこの質問、毎回してないか?ドロドロ好きなんだな~

MEGU 「確かに…いますよ。その人が喋ってたりすると
    『あっ、へぇ~』って乾いた顔になっちゃってるなって」
社長 「見た事ある、ある。
   MEGUMIちゃんのもの凄~い冷たい顔見た事がある」
MEGU 「結構出ちゃうんですよね」
社長 「その人が面白い事言った時に、スタジオ内はわ~って
   うけてるのに…(眉間にしわがよってる)」
MEGU 「もともとお笑いが好きで、
    お笑いの人と一緒に仕事してるのが生甲斐みたいなとこある」
嫌いな人って芸人さん?

司会も嬉しいけど、テンションあがるのはワイプで
VTRの流れてるとこのワイプリアクションをものすごく大げさにやってる
自分が好き。ガヤが好き。
社長 「ガヤは楽しいな。
   ひな壇でなんかせなあかんと思ったらしんどいけど。」
絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください古田さんはいつから芸人になったのよぉ~

MEGU 「ちょっとしか映ってないみたいなのも楽しい」
社長 「おれ、ドラマでもそうやもん
   ドラマでも主人公の(横で見切れてるのが)一番嬉しいわ」
   「伊藤英明のここら辺(あご)から俺の目がカーッと映って…」
   「よくドラマで一人づつびっくりの顔映すときあるやん、
   あんなん燃えるなぁ
   何回も映す時あるやん、CXの鈴木さん演出みたいな
   こっち来た、こっち来た。そのたびに眉毛を段違いにすんねん
   そんで、『つながりませ~ん』って言われんのがすきやねん」

プルルル黒田からの電話

りえのバラエティーの売込みが順調に進んでる報告。
そっけない社長の返事に、黒田肩透かし。
社長 「こっちも大変なのよ。
   今事務所にMEGUMIちゃんが来て、助けてくれって言ってるの」
黒田 「えっメグミってあのメグミ?うちの事務所来てるんですか?」
社長 「そうやねん、あんたメミ言うやんさっきから。
    あんたメミいうイントネーションで言うから切るで」
古田さんは、何でも拾いますなぁ~
   
藤木直人の楽屋

黒田 「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ」
樋口 「どうしたんですか?」
黒田 「メグミっておるやろ、タレントの。   
    あのタレントにな、催眠術的なもんをかけてな結婚さしてしまおう企みなんや。
   メグミちゃんが結婚したらバラエティの若い女の枠が一個空くやろ。
   そこにりえを押し込もうと思ってたん。
   せやけど、あと一歩のところで催眠術が解けてしもたん。
   そやけど、そのメグミがうちの事務所に助けを求めにきとるんや
   これを、ことわざで何と言う?」
樋口 「一蓮托生!」
黒田 「そりゃ四文字熟語やん」
樋口 「あ~思う壺!」
黒田 「そりゃ真逆や真逆
   ことわざ、ことわざ。そういうことわざ、あるやろ」
樋口 「あぶはち取らず…」
黒田 「そういう意味やったけ、それ」
樋口 「さぁ~ あっ蕎麦も伸びれば太くなる!」
黒田 「あぁ、長い間こう…もうええ、もうええわ
   ちょ、来い。ちょ来い 」
無理矢理連れていかれる樋口…やっぱ古田さんが絡まないと地味だなぁ



まりもみからMEGUMIに質問。
ナイスチョイスな言葉がポンポン出てくるが普段から気を付けて聞いてるんですか?
MEGU 「周りにオカマが多いんですよ」
社長 「2丁目好きなんよね、MEGUMIちゃん、ゴールデン街とか」
MEGU 「2丁目ってゆうか…昔は結構行ってたんだけど、
今は歯医者訪ねても『おかまか~い』みたいな」
社長 「歯医者?『いやぁ~歯○ソたまってるわぁ』みたいな?」
八十山「歯石…」
MEGU 「そういう人達といると喋り方が一風違うので
    別に気を付けてないが、一緒にいるとそういう風になっちゃう」
お手本にしてるわけではないが、やたらMEGUMIの周りに
オカマが寄ってくるのだとか…

社長 「どうでもいい話させたら天下一品やもんね
   何のためにもならん話を2時間させたらものすご面白い」
兄弟 「ドラマの話させたら、すんごい長い」
社長 「筒井道隆君が好きって言うだけで3時間喋る。微妙や…」
一同 「好みやから…素朴なね」フォローフォロー

MGUMI自信も自分がテレビ出てるの見て微妙だと。
喋り方変だなとか、声も低いし、男うけは悪いなと自己分析。
社長 「でも、容姿でカバーしてるやん。
    かわいい容姿で、ものすご男らしいとこ隠してるやん。
    ほんま あの巨乳の谷間に胸毛生えてんちゃうかなって

9絵文字名を入力してください…本人目の前にして言いたい放題…MEGUMIの事務所の規制は大丈夫なのか?  

タクシーの運転手さんとかも面白いとMEGUMIさん。
すかさず社長、「昨日、清原あきまへんでしたな」みたいな…
古田さんは、いつでもサッと引き出せる大きなクローゼットをお持ちなのねぇ

MEGUMIが最近乗ったタクシー運転手は
「世界の国名を言えるんだぜ。イタリア、台湾‥」ずっと言ってたそう
そんなタクシーあんま乗りたくないなぁ~

バラエティーで上手くやってくコツは?
「わたしも聞きたいわ~」と唸る古田さん、バラエティーに転向?
MEGUMIは、名古屋の温泉レポートから始まりグルメ、そして全国放送に出演と言う経緯。
絵文字名を入力してください絵文字名を入力してくださいやっぱローカルは踏み台か?地方民として悲しい…

「グルメレポートは難しいの?」古田さんの問いに、難しいとMEGUMI。「おいしい」はベタだから言えないらしい。
ある地方のアナウンサーに「甘い」と言えばいいと伝授されたそう。
確かに、グルメレポーターがやたら「甘い」と言うわな。
海のもん食べても野菜食べても、
甘いのひと言で素材の良さを褒める言葉だ


社長 「魯山人が言うたやもんなぁ、旨いは甘い言うてな
    コレはいい事聞いたわ 全然あかんかったもん」
MEGU 「やった事あるんですか?」
社長 「昔ね、EXテレビとかで激辛ラーメン特集で。
    恵比寿の地獄ラーメンとかね。
   『頂きまーす』・・・・『辛ぁ~~』位やねん、リアクションが。
   『辛ぁ…』とか言うて、店の人に唐辛子入りのビールを『ハイ』と渡されて
   『コレも辛い』くらいやねん」
もっと大きなリアクション求められるけど「それほどでも~」って感じだそう。グルメレポーターは難しいと。
意外や意外、古田さんリアクション大きいイメージだったけど

コツコツやってきたMEGUMIさん、
今思えば「あれって…」と思う仕事もあるのだそう。
ある地方の水道局の、<降った雨が水道の水になるまで>の水道の役で
ブルーバックに青いボディコンを着て「水が水道になるまで!」と振り付きでやった時はどうしようかと思ったそう。
まりもみに指南しつつ、写真集とCDの告知もしつつ
和気あいあいとしたトークが進むなか、またしても電話が。

黒田 「今から、そこへ樋口いかせますから。
   詳しい事は後で説明しまっから、とりあえずMEGUMIとひっつけておくんなはれ」
社長 「えっ、なんで?」
黒田 「彼、結婚する気まんまんなんですわぁ
    今ひっつけんとえらい事になりますで~ 」
タキシードの樋口…いや多田先生!
社長の顔が、おどろおどろしい事に…
社長 「MEGUMIちゃん あんたそのウエディングドレス必要ないでしょ?」
MEGU 「必要も何も、相手が居ませんからね」
社長 「あたしにちょうだい!」
私にまかせてと桃子
八十山「何回か前にも言ったが桃子は自分の思い描いた衣装にチェンジできるのだ。
    ちなみに超能力のネタが尽きたわけではない。
    桃子は意外と、ワンパターンなのだ」MEGUMIにちゃっかりサイン貰ってるよぉ

MEGUMIと社長の衣装が入れ替わる
絵文字名を入力してください絵文字名を入力してください意外とウェディングドレスが似合ってしまう古田さんに驚き。
何でも演じてしまう古田さんスゴイっす。



社長の妄想は無限大に広がり、BGMやら鐘の音やら
樋口 「ひこちゃん、絶対幸せにするよ絵文字名を入力してください
社長 「あたし、あなたがいるだけで幸せ絵文字名を入力してください

---では、永遠の契りに誓いのキスを---
幻想的な樋口のチュー顔アップ ポッ 無垢だ…
ベロベロなめ回す社長のチュー顔アップ オエーッ キモイ
4絵文字名を入力してくださいどこまでも汚れきれる古田さん、さすがだ

社長 「ウェディングベルを鳴らすのは、私よ」
急いで事務所をでて樋口の元に向かう社長、背中がパカッと丸出し…
さすがMEGUMIが着てるドレスは着れないよね~


社長 「私に女の幸せをちょ~だい~」

急に寒気で震える黒田
黒田 「なんか嫌な予感がするな。おい逃げるぞ、樋口」
樋口 「えっ でも‥あの‥ 」
黒田 「ええから はよ」
逃げ出す、黒田と樋口

「恋をすれば 千里も一里 止めて止まらぬ恋の道 
ならば逃げるが勝ちよ ちゅうことや by黒田」


#9 社訓「牛乳パックで椅子できる」

ってMEGUMI=巨乳=牛乳大量に飲む=牛乳パックの椅子
こんな感じの、連想ゲーム?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/45-e9a7827f