/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

今週から新たにメイド編に突入。
小次郎の回想から始まり、
徐々に千葉や小次郎の過去の事件に近づいてますね。

竹虎はメイドカフェに潜入捜査ですがさすがに無理が・・・
小池徹平君のメイドコスプレ微妙だ、美月と並ぶと結構大きいのね。

5話は白豚がメアリー(由梨亜)と知り合いメアリーをとおして
過去の事件の犯人の落合と繋がっていきます。
由梨亜は落合にメイドのバイトを紹介され、
そこからロリコン趣味のおっさん達に斡旋されていくと。
落合、メイドオーナー、斡旋先のおっさん達がすべて繋がってるんでしょう。
落合が仕組んでいるんんでしょうが、
まだ出所(年少あがり?)したばかりだよね。
やくざとの繋がりもあるようなので後ろ盾には困らないか。
落合と竹虎の再会は、ちょっと楽しみです。

由梨亜が引き起こした事件に関して
「彼女はやってないかもしれない、でもやったかもしれない」
竹虎が疑いをかけたのが意外でした。
刑事である以上疑う事も必要だと鬼神事件から悟った?

由梨亜の自殺を止めに入った時の
「死んでいい人間なんて誰もいない」という竹虎にたいして
「そんなのキレイ事だよっ」と
小学生に斬られる図式が面白かった。
竹虎ってどこかキレイ事な部分が浮き気味になるけど、
千葉や小次郎・新庄に突っ込ませて落ち着かせる。
だから見れる部分はあるかな。
シリアスとコメディの部分もそうだけど
このドラマの絶妙なバランス感覚は好きだな。

キャラ個人別

白豚
熟女だの環だのメアリーだの好みにバラつきが・・・
ようはコスプレか?
デートに向けての洋服選び、白豚シースルーがハムだ・・・
その前にピンクのシャツがロースハムを思わせる。
白豚とメアリーの感動場面は親子っぽかった。

新庄
単なる笑い要員ではなく
個人でなにか背負ってるようですね。
前回の廃人になった同僚のこともあってか竹虎を心配してるよう。

千葉
千葉レロレロ・・・・面白い人だ。
新庄の足引っ掛けも笑った。
独断で落合を捜索、
今の千葉にとって刑事は妹の復讐の道具でしかないのか?

美月
美月が結構重要な役担ってる。
視聴者に事件を説明する役、
事件関係者である竹虎・小次郎・千葉を外から見守る役。
古着屋で一人、皆の帰りを待つ美月は印象的でした。

小次郎
「俺よりロリコンじゃねぇか」発言に笑った。
小次郎と美月は新鮮な2ショットでした。
竹虎がたくましくなってきたので
あまり小次郎の助けがいらなくなってきた?
小次郎にはぜひメイドカフェに通ってもらって
デレデレ姿が見たかったと個人的要望。

ところで小次郎にとってヘルタースケルターは人探し要員ですか?
そろそろ聡太郎さんにも出番を。


・・・今回明らかになった過去の事件・・・
竹虎の父親を殺し竹虎にも重症を負わせた落合に対して
仇をとろうとする小次郎。
そんな小次郎を止めに入ったゆり(千葉妹&小次郎恋人)は
落合の銃弾を受けて亡くなる。
千葉は落合を憎み、小次郎を許せないでいる。
小次郎は、ゆりの死と向き合えずにいる。

今後は、現在落合がからんでる事件と
過去の事件がクロスしながら進んでいくのかな?
その先には千葉や小次郎が、
自分自身と向き合い過去から解放される日が待ってる?

過去の落合と現在の落合を重ねながら登場させる辺りはうまいなぁと思った。
セリフで説明なしでも背景がわかる。
そして冷酷さ、残酷さを失わないまま時を経てる様子も。

いよいよ、小次郎メインがきますかぁ~楽しみだ。

#4












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/453-5e8752ee