/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

自分が落合の「誰も信じられない計画」に嵌ってどうするよ。
もう登場人物すべてが怪しく見えます。

さて最後に竹虎と対峙するかと思えた落合は、
早々に殺されてしまいました。
警察無線で脱獄状況を把握し拳銃を持つ。
伊能同様、落合も伊能を殺すつもりだったのかな。
それとも最後に会った人物を殺すつもりだったのか。
最後に誰と会っていたのか気になりますね。

竹虎が発見した状況に、新庄がやってくる・・・胡散臭すぎる。
美月の顔洗いも、落合殺しを匂わせてます。
小次郎の
「あいつがこの世から消えない限り俺達に幸せなんかこねぇ」
「白豚をこんな目にさせた落合を許せねぇ」

と一旦ケリをつけた小次郎に言わせたセリフもミスリードに誘ってるっぽい。
羽根付きストラップは伏線ですかね。
犯人=黒幕=鬼神・・・の正体は誰?


伊能らの脱獄に関しては、ちょっと緩いです。
壁をスプーンで掘り続けた・・・ま、まぁね。
しかし壁を彫るだけで外に出られる刑務所って一体どんな作りなんだろう。
そして鉄条網にすずめが止まっていたから電流が流れていないって?
エジソンの母で、すずめは電線に止まっても感電しないと
ケント君に教えてもらったのですが。
もっと他にいい脱獄理由はなかったのか・・・

落合と伊能の計画は、
東京タワーを占拠し電波をジャックして国民に真実を告げる。
政治家、医者、警察、教師・・・
人格者と呼ばれる人がこの国を汚しているんだと暴く。
落合はその真実を掴んでて、電波に流し国民を未来に絶望させるのだと。

伊能はこの計画は自分の物だと主張し
渋かったはずの伊能がしょっぱくなってきました。
計画を実行すればヒーローだとか・・・あぁ~なんかカユイ。

スケール感を出そうとしてるのはわかるけど、安直な計画。
大人からみたらそんな風に思えることを織り込んでるのかもしれないけど。
今の若い子らは政治家や医者警察を人格者だとは思ってないでしょ?
逆に汚れてる部分ばかり見せられて、慣れてるだろうし。


小次郎は竹虎を守る為に、体張ってました。
そして竹虎は・・ペーパードライバー卒業してたね。
バラバラになったチームシバトラが10話では浮き出てた。
白豚の重症によってバラバラになったチームを憂いていたけど
最終回では再び古着屋のチームシバトラが見れるといいなぁ。

千葉が美月に言った「あなたもチームシバトラなのね」がずっと引っかかってて
単独行動する千葉にも変化があったのかなと。
それが竹虎に「逃げて~」といった電話に表れてるでしょうね。

10話の小次郎さんカッコよかったな。
重症の白豚に見せる切ない表情、竹虎を守る強い顔、千葉との妙な掛け合い。
白豚のパスワード候補に「小次郎さんカッコいい」を押す小次郎さん。
加えて「豚でよかった・脂症・メタボ」と容赦ないパスワード候補。
そして牢屋に入れられてしまうコジローさん。

いよいよ最終回を残すのみです。
あと1話で小次郎さんともお別れかぁ。
めったに見られないキャラクターだけに切ない。
最後に・・・・接客してる小次郎さん見たいなぁ。
ご試着なさいますかぁ~とか、お似合いですよ~とか。
そんなこと言わないか。それにこの店開いてるかどうかも怪しいし。
そうそう、美月や竹虎、小次郎に白豚はどこで寝てるんだろう。
サバスサバスの各部屋を見たいなぁ。
ってどうでもいい話を長々とスミマセン。

#9












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/467-92e55cac