/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

一応1話だけチェックしました。
やっぱり自分は無理でした・・・古田さんも普通だし。

冒頭の取材シーン退屈すぎ、
耕太郎だけテンポに乗り遅れてる気がする。
ストーリーとしてはありがちな話なんですよね。
それだけにキャラに愛着をもてたり
耕太郎と杏の絆が重要になってくる。
反発しながら徐々に距離を縮める、2人が作り出す暖かさがないと
こういうドラマは厳しいかなと思います。
しかし、自分はダメだったけど見る人によっては
ハートウォーミングなドラマだと感じられるかもしれません。
あくまでも主観ですので・・

やはり基本的にもこみちさんは苦手ですね。
もこみちさんのセリフはメリハリが無くて単調。
そして感情が伝わってこないのです。
たとえば杏に怒鳴るシーン、
声は怒鳴っていても感情の爆発が感じられない。
心配して杏を探して走っていても、
何に突き動かされて体が動いているのか見えない。
(これはバックの音楽で表現できたりするけどさ)
もっと肩の力抜いて自分自身を崩せばいいのにと思います。

小生意気な事を書いて申し訳ないです。
でも、やっぱりもこみちさんにはロボットがハマり役でした。
主演にこだわらず、表情がくるくる変わるようなヒロインの相手役だったら
もこみちさんの寡黙な雰囲気もイケるんじゃないかなぁ。

子役の杏ちゃんは、子ホタルですね。
おとなの面と子供の面をもつ難しい役どころ。
つたない部分もあるけど頑張って演じていますね。
存在感ももこみちさんに負けてないし、
これから躍進しそうな子役さんです。


最終回くらいはチェックするかも知れませんが
割と未練なく脱落できそうです。

そうそう、最近日テレのドラマがイマイチなのが気になります。
面白いドラマを作ってきたはずなのに、どうしちゃったんだろ・・
結局篠原さんがいないと・・・なんて言われないように
面白いドラマ、新鮮なドラマ作って欲しいなぁ。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/482-83fad49f