/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

菊田の元恋人に似ていたのは旺次郎でした。
ははん、結局ホモ設定ですか。
しかし玲子さんはあの写真を見てよく恋人だと断定できたものだよ。

7話までくると登場人物の心の変化が現れますね。
宇佐と愛瑠は当初の予想通りに進んできました。
芽衣と諭吉もわかりやすい。
複雑そうなのは菊田と海里と旺次郎の関係
そして玲子と旦那には裏がありそうですね。

妻にはいつも綺麗でいてほしいから?
自分は妻を満足させられないから
夫婦公認のラブシャッフルなんてねぇ。
目当ては子種か?なんて思ったけど、
玲子いわくこれは仕事なのだと。
そして諭吉から旦那は代議士だか秘書だか、女遊びの場面もありました。
この夫婦は一体何が目的でラブシャに加わってるんだろう。

菊田は余裕の大人のふりして曲者っぽい。
海里がなぜラブシャに加わったのか不思議だったんだけど
菊田が旺次郎を手に入れんがためなのかな?
そのためにラブシャを提案したのなら納得。
海里を旺次郎に近づけさせ惚れさせる。
海里は菊田の洗脳?により自殺させたのち旺次郎を…
人の心を生業とする菊田ならそれくらいのシナリオは訳ないのか。
でも、きっと…菊田の狙いどおりにいかないのが人間なんだろうな。
海里も旺次郎も人形じゃない。

こうなると気になるのは海里の本心ですね。
洗脳されて旺次郎を思ってるのか、それとも・・・
もしかして菊田のことを思ってるのかなぁ…なんてね。
父親との関係性について注目してたけど
父親は海里のことを心配してただけなんですね。
絵を描いていれば娘は死に向かわない、
娘を愛し守る普通の父親でした。


ラブコメタッチの宇佐と愛瑠。
母性愛のような芽衣と諭吉。
愛と欲望、裏切りが渦巻いてそうな玲子夫妻。
異種恋愛、そして虚構の愛となるのか菊田、海里、旺次郎。
この世に同じ愛なんてないよと言っってるよう。
今まで多くの恋愛ドラマを描いてきた野島さんの
集大成のドラマのようだと思いました。

#3・#4・#5












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/541-9ca6a504