/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

1話完結で事件が簡単に解決できてしまうきらいはあるけれど
係長雅のキャラもあって、面白かったです。

今回は雅が追い続けてきた幼馴染の事件。
ようやくですよ。
でも死体が発見されなかったため失踪ということに。
その幼馴染の死体が発見され15年前の時計が動き出す。
時効との戦いの中で犯人を見つけ出すキイナ。

細かいところでふっと疑問に思うこともありました。
たとえばDNA、息子と父親なら何か反応がありそう。
すぐに見つかる腕時計
代議士ともあろう方が自分の手で息子の彼女に手切れ金?
秘書にまかせなさい。
15年前に事件になった時は死体がなかった。
殺人に間違いはないにしても犯人もあがらなかった。
失踪事件になってるなら
死体が発見された時点で殺人事件として始まることにはならないのかな?
そっちの知識ないからさっぱりわからないけど…どうなんだろう。


でも時計を軸にしたまとめ方は好きかな。
タケルが現場に入って時計が止まるという伏線。
あそこは磁気の乱れる場所で幽霊を見やすい環境だと。
15年前のままの死体、時が止まったかのよう。
そして犯人の時計を証拠として見つけ
宮内さんの母親、係長の時間がようやく動き出す。
キイナが説いた15年間の時の重みです。

キイナと係長の並びは落ち着きます。
あと、キイナのファッション、スイーツは
重要なアイテムかも?…ですね。


#7












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/551-bd9317d1