/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
エピソード2 「髪をかき上げる女」 後編  ゲスト★中越典子 4. 25 OA 

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
コウジ(姜暢雄) ユウジ(川原一馬) 黒田金造(生瀬勝久) ゆり(中越典子)

シロナガ様がいなくなって意気消沈していたゆりのために
盛り頭にして解決へと導く潤太郎。
藤木さんの盛り頭、妙に可愛いです。

潤太郎が脱皮した蛇の亡骸を拾って持ってるのが可笑しかったな。
しかも、シロナガ様を探してるゆりが
「私も、脱皮したのかもしれないと考えたわ(うろ覚え)」
と大真面目に言ってたのも笑った。

さて、ゆりの元を去ったシロナガ様は
少女となって潤太郎にくっついていました。
小さい頃からゆりの頭の上にいたらしいのですが、守り神だったのかな。
潤太郎いわく、蛇は宇宙と繋がっていてパワーをもたらすのだとか。
ゆりはその恩恵もあってNo.1ホステスとして輝いていた。
しかし次の段階へ進む時が来たのだと。
ゆりとお別れした少女=シロナガ様は、
蛇から龍となって空へ飛んで行きました。
…なんて意味不明な壮大ファンタジーなんでしょう。

人は昔、頭に龍を宿していた。
古代エジプト人は盛り頭をしていた。
遺跡の王の頭には龍が刻まれている。
…なぜか歴史ミステリー路線。

なんだか途方もないようなファンタジーでしたが、面白かったです。
こじつけの詰め具合、
エジプトの遺跡を引っ張ってくるあたりが何とも…好きです。

解決後はみんなで、いいんだぜ♪
胸ん中に灯りがともるような…そんな気持になります。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/585-9ca66a9a