/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
エピソード3 「ヒミツ♥のボタンガール」 後編 ゲスト★佐藤江梨子 5. 9 OA 

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
アンドリュー(冨森アンドリュー) ジャスティン(冨森ジャスティン)
黒田金造・黒田鉄造(生瀬勝久) ウララ(佐藤江梨子)

後編も面白かったです。

ウララが潤太郎を呼び出したのは、
背中のボタンのことを相談したかったんですね。
ところが潤太郎はウララに恋をしてしまい、
代わりに黒田が相談に乗ったってあげたと。
探偵と呼ぶには程遠い内容だけど…ご愛嬌ってことで。

やっぱりウララはロボットでした。
でもボタンガールのボタンまで気にしてませんでした、なるほど。
ボタンが肝だったのね~ボンドガールをもじっただけかと・・浅かった。
弟が、好きだった女の子に似せて作っただけ。
このあたりにもう少しドラマティックな部分が隠されてるのかと思ったら
意外にあっさりしてました。
結局ウララも捨てられてしまうしね。
風呂敷から出てる魚やら金閣寺?の置物は持っていくのに
ウララは連れていかへんのかいとツッコミ入れてしまった。

ゾンビは組織の計画の一部に過ぎなかったようで。
じゃ弟の時間の止まった部屋は何だったんだ?単なる趣味?
まぁ細かいことに辻褄合わせるドラマじゃないもんね。
それを言ったら、偽ともだちはどこ行ったってなるし・・・

今回、依頼は黒田に持ってかれ、ウララは若いイケメンに持ってかれ、
おまけにギターも黒田が…トホホな潤太郎でした。
だけど、黒田と池田社長のホレスタのような掛け合いが見られたし良かったです。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/591-65314da4