/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

かなり遅くなりましたが
10 COUNT TOUR の初日に行ってきました。
久しぶりのライブ、楽しかった

すでにブツギレな記憶ですが、記録しておこうと思います。
MCなどは藤木さんの言葉通りではありませんし、
記憶ちがいもあるかもしれませんのでご理解を。
あと、長いので斜め読み推奨ですv



車窓を離れ横須賀駅に到着、見慣れた景色が飛び込んできました。
この風景を見ると、あ~ツアーが始まるんだなと実感します。


ステージにはこのツアーのロゴ
「1♥ COUNT TOUR」と書かれた幕が張られてます。
会場が暗くなると、
ステージにはスポットライトでマイクスタンドが浮かび上がる。
なにか挨拶でもするかのような雰囲気、粛々とした気持ちになりました。
藤木さんが登場し、世界の果てでツアーのスタートです。

今回のライブは、アルバムひっさげてというよりは
10周年のメモリアルライブの色が強かったと思います。
アルバムの曲は少なめでした。

ライブ中には2度の映像コーナーがあり、
藤木さんが積み重ねてこられたライブツアーの歴史、
そして今までリリースされたシングルのBEST10の紹介。
特にライブツアーの映像は、
その時その時の自分を写すようで感慨深かった。
うん・・自分も沢山積み重ねてきたなって・・・振り返ることができたかな。


今までのライブの流れに逆らわず、
ダンス有り、アコースティックコーナー有り、ピアノ弾き語りありの集大成。
30曲の候補があり、
少しでもたくさんの曲をということでメドレーが生まれたんだとか。
成長したSPYDERが面白かった。
以前のものに、エコ岡村、縁側ぶちょお、カリスマ佐山、?小次郎などが加わって
藤木さんの俳優の遍歴が感じられました。

ナイフはデビュー前の曲で、
以前イベントで聞いて興味をそそられた曲だったんだけど
また聞けてよかった。・・・日の目を見る機会があるといいな。

夏のツアーは久しぶりで、夏っぽい曲をということで
anonが夏バージョンに生まれ変わってました。
これもけっこう新鮮な感じで、好きでした。

グッときたのがLittle Wing
この曲は藤木さんのファンになりだしたこ頃の
エネルギーに満ち溢れた時代を思い出す。
おきあみホーンとからまりも参加、マーチっぽくて微笑ましい。

今回はかなりダンス曲が多かった印象。
前半に超懐かしの、サンクフルが入り(グッズ販促も兼ねて?)
終盤の怒涛の激痩せタイムはかなりの体力が。

奇跡のロックスターは、やっぱりそうなのか…そっち系なのねと。
SUMURAI FUNKは、ガウンをひるがえし
スターウォーズのような光るソードで殺陣を思わせる動き。
冬の絵空を見に来れなかった方のために取り入れたかったと。
カッコよかったです、この曲は舞台映えする曲だなぁと思いました。

SUMURAIFUNKで締めて、甘い愛のテーマへ…心の準備が。
個人的にはこの曲はやりつくした感があって、もういいかなと思ってたので、
のれない自分がいて、それが悲しかった。
次は割り切って弾けられると思う…たぶん。
アンコールは、いいんだぜOH!BROTYER!であったかい感じで終わりました。

自分は、Sounds Of The Sunがライブ映えしそうで聞きたかったかな
この夏一番熱い場所にいるだろう~なんて
ライブにはぴったりだなって思いながら聞いてたからさ。
ESCAPE!も生で聞きたかった・・って欲張りですね。
でもOctaveはファイナルでぜひ聞きたい!!

セットリスト




今回のツアー、経費削減の波が押し寄せてる?
藤木さんの衣装も今までと比べると、ちょっと…だったし、
デコトラがデコデコしてなくて、ただのトラックだったし・・・
ツアーやるのにも、色んな事情が絡んでるのだなと、
余計な事考えてしまいました。
でも藤色のパンツ見て「おっ道夫君だ」とウキウキしました。
髪は片耳サイド、編み込みになっててちょっと違う藤木さんの表情。
このまま髪切らないようなら、時代劇ですか?と勘ぐってしまいそう

MC(記憶の片隅にあるMC)

■懐かしい映像
ライブヒストリーの映像のあと、
懐かしい映像が出てきたね。悲しくて涙が出てくる。
随分大人になったんだ…と若かりしころへの思い?

■そうだ、メドレーにしよう
今回のライブに30曲の候補があって・・長すぎるなぁと
ここで客席からの「やってぇ」のツッコミに
「そんなに体力もたないよ」とすぐさま切り返し。
メドレー後に昔自分のかいた詩って恥ずかしい、若いなぁ~って。
まぁ今の詩がどうかっていうと・・・と謙虚な姿勢。

■コロシテヤル
昨日8話が放送されました。
「コロシテヤル・・・・コロシテヤル」
(これ言って許されるの世界中で藤木さんだけかも?)
え~どうですか? あのまぁワルというか怖いというか…
ここに客席から「エロい!」の声に「まぁ、確かに」と。
来週最終回ですと告知。

■体内年齢20歳
ダンス後、今回のツアー痩せるね、いつも太るけど今回は期待してて下さいと。
佐山を演じるにあたって役作りで少し痩せたそう。。
これ以上痩せたらねーに、何キロ?と客席の声。
何キロ・・・と答えずに体重計の話に。
家の体重計は色々な機能が付いてて、体内年齢がわかるんだそう。
そしたら20歳!!でした。(嬉しそうに?)

■上田さんの演技 いいんだぜの時に、ドラマイケそばの話に。
京本さん、そしてなんと上田さんがゲストに出演しますと
「すごい上手だったよ」と話したあと
「あっ、今の上から目線だった?」とお茶目な藤木さん。

あとは、Octaveが実は7枚目のアルバムでミニアルバムを入れて8枚目だったとか、
everythingで、こうやってライブできるのもスタッフや、
駆けつけてくれるみんながいるからだと。
10年の気持ちをこめて詩を書きましたと、思いを伝えてくださいました。
37歳へのカウントダウンも口にしてましたね
色々と沢山取りこぼしてると思いますがこの辺で。

そうそう・・
「また会おうぜぇぃ~~」…魔法の言葉です。

gch_612












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/607-40c9d7c6