/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

パパとムスメの7日間 #2

初回はインパクトあるからいいとして、
2話は飽きてくるかなと思ったら、面白かった。
むしろ初回よりも見やすかった気がします。
回を重ねるごとに
「中身パパの小梅姿」「小梅中身のパパ姿」がなじんでくる。

やっぱ舘さんの女子高生が、
滑稽といったら失礼なんだけど笑える中にも可愛らしさがあって、
これは舘さん自身が持ってる愛嬌が役に反映してます。

新垣さんも、オヤジ臭いまでは行かないけど
どっしりしたクールな小梅がいい感じかな。
キャラ的には好きです、こういう女の子。

男と女が入れ替わった時に描かざるをえないエピソード。
小梅ならお風呂とか下着とか、パパならママとの事とか
そういう男と女の違いを、避けるでも大げさに描くでもなく
さらっとお互いが口にしたりする所がいいなぁ。

やっぱ、話の骨格がしっかりしてる。
だから職場と学校を行き来しても、無理なく入り込める。

あとママの出演少ないけど、存在がすごく貴重。
小梅とパパ+ママが入ると面白さが膨らむんだよね。

いやぁ日曜日に楽しみなドラマがあるの、久しぶりです。



ライフ #2

マナミ役の子が違和感無く見れた。
いよいよ、歩に虐めの影が忍び寄ってくるわけで、
ちょっと、見た後引きずりそうな感じです。
「家なき子」等の野島脚本を彷彿させます。

いじめがエスカレートしてきたらどう見せるのか難しいですね。
ドラマ的には、主人公に強さがあれば見るほうは
主人公の強さや耐える勇気に救われるけど…

もし実際に虐められてる人が、
同じ事しても救われるとは限らないから。
リアルに虐められてる人は、
学校に行かない事が一番だと私は思う。

色々と波紋を起こしそうなドラマになりそうですが
目を背けないで見なきゃと思うドラマです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/61-7234e969

パパとムスメの7日間~第2話・小梅がたまにやる変な踊り!
パパとムスメの7日間ですが、パパムスとモームスみたいに略されていますが、舘ひろしがモーニング娘。に入ることはないと思います。今回は中身が中年の新垣結衣が高校の先輩とデートしますが、このドラマ何かとややこしいです。(パパとムスメの7日間、第2話感想、以下に

2007.07.09 17:45 | 一言居士!スペードのAの放埓手記