/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
第6話 「呪いのホームラン・ボール」     8.8 OA 
ゲスト★岡田義徳 加藤晴彦

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
木更津(岡田義徳) 名古屋(加藤晴彦) 黒田金造・プラチナ造(生瀬勝久) 他 

プラチナ造って生きてたんだ…あれ死んだのは銀造だっけ?
ホレスタの頃のキャラが出てきましたね。

さて山本さんに続き、岡田さんもホレスタ出演者です。
しかも前回と同じ、木更津繋がり・・野球繋がりだよ。
ゲストの駒がなくなってきたのかな?

なんだかドタバタ劇でついていけてない部分も。
木更津と名古屋はホームランボールを持つ手が離れなくなって屋台へ。
二人の確執は、ベイブルース来日の日米野球まで時代を遡る。
そのベイブルースが打ったホームランボールを
名古屋と木更津の祖先が取り合う。
二人が言い合うすきに
プラチナ造がパクリ黒田の体内に埋め込んでしまったと。

そして現代、
その怨念の元となったプラチナ造の生霊がでてきて、
黒田がホームランボールを吐き出して無事解決と。
代わりになんとかチームのホームランボールの価値を見込んで
飲みこんだ黒田だったが、
実は池田社長を直撃したのがホームランボールで黒田のは・・・?
さいごはホームベースを飲みこんだという黒田のオチでした。
黒田劇場おしまいっ。

最近は漫画描写を取り入れて、ますますB級感が増してます。
今思うとシーズン1は気合入ってたんだなぁと・・・しみじみ。
当時ゆるゆるだと思ってたけどね~
これ以上のゆるゆるが待っていようとは想像していなかった。

次回は…誰っ!?














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/630-ec05f846