/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
テレ朝 【金9】  脚本/ 橋本裕志    

鳴海遼子(仲間由紀恵) 遠山史朗(要潤 ) 鷹藤俊一(佐藤智仁) 
巻瀬美鈴(芦名 星)  中原誠(田中要次)  城之内仁(酒井敏也)
樫村秀昭(田中哲司 ) 鳴海洸至(小澤征悦) 永倉栄一(寺島進) 他

#6 真犯人ついに!!セレブ姉妹の殺人演奏会 ★櫻井淳子 雛形あきこ11.20 OA

・・・セレブ姉妹の殺人演奏会・・・

遼子が疑った編集長は内密に調査していたようです。
資料を遼子に渡し、権平衛の正体を暴きに永倉を見張ったのですが・・・
殺されてしまいました。(せっかく熱愛報道出たのに)
見張ってた編集長と話した人間が名無しなら、
編集長の顔見知りって事になりますね。
編集長が疑いもしなかった人物・・・・誰だろ。
お兄ちゃんか史郎ちゃんを疑わせて実は・・・?

編集長の資料を元に記事を書く遼子、
どうせ印刷段階で改ざんされるんじゃ・・・
と思ったら印刷工場に遼子が。今回は用心深いんだ。
しかし発売すぐに信者が買占め・・・現実にありそうでなんか怖かった。
しかも脅されてか、編集長は誤った記事で回収すると発表してるし。
相当手強い相手だと強調。

セレブ姉妹を利用して2大政党のイメージダウンを図り、
そこで新たな党を旗揚げするという作戦だったようですね。
そのために、セレブ姉妹のコンサートにサクラを仕込み、受賞させ、
募金振興会の息のかかったマンションに住まわせ、
2人に別々の政党から立候補させる。
ゴシップに遼子をも利用した。
随分回りくどいことするんですね~そこまで用意周到、水面下で動く割に、
最後に始末は大胆なのが腑に落ちない。

マンションの管理人は、遠山の父親でした。
熱心な信者のようで、遼子の疑惑は史郎にいくんでしょうけど・・
史郎は闇を暴こうとしてたから違うような。
その後は鷹藤、最終的にお兄ちゃんを疑う道筋なんだろうな。
真実は案外、中原とかだったりするのだろうか。

次回は史郎ちゃんvs遼子になるのかな、楽しみです。
でも史郎は父親の目を覚ます為に闇を暴こうとしてたんじゃないかな。
美鈴に優しくしたのも父親を狂わせた団体を憎んでたからとかさ。
あと・・・お兄ちゃんが毎回何を作ってるのか気になってきたよ。

#5 名探偵VS女性記者!!盗聴殺人の謎を暴け ★中村獅童 三浦理恵子11.13 OA

・・・盗聴された女・・・

ますますお兄ちゃんが怪しくなってきましたね。
刑事なら楠田を殺さずに逮捕するはずなのに・・・
でもお兄ちゃんがラスボスならば、
今はまだ怪しく見せることはしないような気がするんだけど。
それに片山が菅原・マーサを殺したのなら公安に組織が蔓延してるっぽい。

今回のラボ関係を自分なりに整理してみました。

ラボネイチャリング
世界的な環境保護団体
新党旗揚げを計画し、
日本福祉募金振興会からも活動資金の援助を受けてる

楠田
探偵 ラボネイチャリングの幹部で次期選挙出馬候補。
表向きは盗聴バスターズなどで世間にアピールしているが、
実は盗聴でマーサに協力して出馬資金を稼いでいる(?)

マーサ
占い師 楠田の協力を得て、当たると評判のカリスマ占い師に。

菅原(立てこもり犯)
熱心な会員で城之内と仲がよかった。
美鈴の記事により、
支援先の日本福祉募金団体のイメージの悪化、
及び資金援助の凍結を危惧して(誰かに指示されて?)犯行を実行。

城之内
元ラボネイチャリング会員で菅原と仲がよかった。
菅原の犯行と死を調べる為各所で動き回っていた。
美鈴の妹の犯人と疑われた。


菅原はラボネイチャリングの会員だったですね。
じゃあの虹のペイントはなんだったんだっていうね・・・
あれじゃ逆に日本募金振興会が関与してるように見えるぞと。

そして殺されてたのは美鈴ではなく妹だった。
次期出馬候補の楠田が自ら実行してるのに違和感がありました。
候補は何人もいて成果をあげたものが・・・というシステムなんでしょうか。
大物ぶって出てきた割に小物で終わってしまったような。

遼子達が病院に訪れたのがまた微妙なタイミング。
遠山の言動は、行動に食い違いがあり疑いの種をまいてるようにも見える。
組織側か、個人レベルで真相を調べてるのか。
美鈴との関係も実際どうなってるんだろう。
本気で付き合うとは思えないから、何か魂胆がある気がして。
美鈴を抱き寄せる場面は、自分が巻き込んだという思いなのかな。
ただ単に遼子を楠田へと走らせるきっかけ作りか?

ここへきてやっと遼子が編集長に目を向けたし、
一人づつ疑わせて消去法で進んでいくのでしょうか。
そして遼子の両親は放火で亡くなっていた新事実が浮上。
犯人は捕まっていない・・・だから兄は刑事、妹は記者の道に進んだのだと。

またまた色々気になる事が増えちゃいました。
組織と両親の関連疑惑、もしくは永倉放火犯?
鷹藤が杉の子育英基金で進学したのも引っかかるし、
今回のJリーガーとアイドルの異母兄妹も、
遼子と兄を示唆してるような気もしてくるし・・・
遠山はあんなだし、編集長はニタニタウロウロしてるし。

楠田は、遼子は危険人物だと言い殺そうとしました。
ということは、組織は今後遼子を狙ってくる可能性もある。
遼子は少しづつ闇に近づいているんでしょうね。

#4 監禁された女記者!!24時間の復讐生中継  ★原田龍二 神保悟史11.6 OA

・・・奇妙な立てこもり・・・

ようやく各方面に動きがあって面白くなってきました。
美鈴の部屋を荒らし報道特番を潰した犯人、
残した言葉から自殺とは考えにくいですね。
兄の部下片山が殺したのでは?と思わせる展開でした。
犯人は菅原昭光(原田)・・・なにやら不穏な役名です。
犯人が、闇は遼子の身近にいると匂わせたことで、
遼子の身近な人物に疑いの目を向けざるを得なくなりました。
遼子にも視聴者にも。

・城之内
美鈴の部屋から出てくるの鷹藤に目撃される。
社に嘘をついて不審な行動をとっているが、怪しすぎて逆に無関係か?

・遠山
募金振興団の裏を暴こうとしてたことから、組織の人間ではないと思われる。
組織に対しての執拗さはジャーナリストゆえか、他に因縁があるのか。
国民ジャーナルに募金振興回の圧力がかかった様子。
遠山の表情からこの組織に対しての執着が伺える。

・樫村編集長
最初は疑わしかったが、雑誌のスポンサーと言う関係だけかも。

・片山
犯人菅原を殺した疑いが残る。
しかし関わってるとすれば、兄もしくは公安全体にも疑いが広がる。

・お兄ちゃん
遼子ともども杉の子育英基金にお世話になったのか?
遼子の知らないところで振興団に関わりがあるのか。
目下一番疑うように仕向けられてるので、逆に白かも。
公安が振興団と裏で繋がってるとすれば、
それを暴くのがお兄ちゃんという筋書きもあり?

気になるのが永倉が電話で話す相手ですね。
最初は編集長と話してるのかなと思ってたけど今回の立てこもりで、
今まで以上に君に負荷がかかるような事を言ってたし、
電話の相手は永倉の側近、組織の重要なポジションっぽい。

もしかして・・・育英基金をとおして幹部を育ててたりする?
遼子に進学させる為にお兄ちゃんが・・・とか、
鷹藤の身近な人が絡んでくる可能性もあるのかなぁ

#3 整形美女は二度死ぬ・・・空に舞う一億の罠  ★高橋ひとみ10.30 OA

・・・美容整形リストに潜む罠・・・

最後に新展開がありました。
正直、ちょっとマンネリかなぁ~また闇組織を匂わせておわり?と
ガッカリ感があったのですが、これで次に繋がりそうです。

遼子はそろそろ編集長に疑いの目を向けてもいいじゃない?
闇組織に関する記事をことごとく改ざんされたりボツにされたり。
それに岸川大臣の張り込みでばったりなんて。
スポンサーだからと言うのなら、
なおさらそこと組織が繋がってるということになるしさ。

考えるに福祉募金団体は
永倉がイメージアップの為に作ったもので、
その実は宗教を隠れ蓑にした闇組織ってところでしょうか。
美鈴のあらされた部屋は虹色に染められていた。
少し単純すぎ゙るかなとも思うけど・・・

今回で登場人物、誰が敵か味方か入り乱れつつあります。
その中で急遽怪しくなったのは、遠山史郎。
なぜ美鈴に福祉募金団体のネタを提供し記事を書かせたのか。
美鈴を国民ジャーナルに引き入れるつもりはないだろうし、
アンタッチャブルを潰そうと・・・でも三流誌相手に潰すもなにもね。
考えられるのは、
募金団体と対する新たな組織の人間か、
遠山が組織の者で内部の中で反乱が起きているか。
だけど・・・・遠山が遼子と敵対する側にまわるかなぁとも思うし。

とりあえず美鈴はマークされたわけです。
仕向けた遠山も何かたくらみがあるはず。
俄然次回が楽しみになりました。

#2 W盗作!? 密室の女  ★京本政樹 相島一之10.23 OA

・・・盗作しあう2人の作家・・・

同時に同じタイトルの作品を出版って・・・と思ったけど、
闇組織(永倉?)が出版社に圧力かけたんでしょうかね。
目的は2人を潰す事だから、出版されてマスコミに叩かれ、
騒動になれば2人の名誉は失墜する、最短の道かも。
だとしても2人の小説家が闇に葬られるなんて・・・。

ぶっちゃけ永倉ですよね?闇は。
遼子の上司、編集長とも繋がってるみたいだし。
そろそろ永倉や闇組織にもつっこんで欲しいな。
ただ永倉の後ろにはもっと深い闇がありそうだけど。

1話には及ばなかったけど、2話も面白かったです。
欲を言えば、もう一歩グイッと掴まれるような、
何かがあるといいのになと思う。
やっぱ闇待ちかな。

#1 大惨事を予言する女 3つの謎   ★浅野ゆう子 篠井英介10.16 OA

・・・事故を予言する女・・・

面白かった!俄然今後が楽しみになりました。
トリックっぽさも垣間見えましたが、
仲間さんの、コメディとシリアスのさじ加減はツボに入ります。
ごくせんよりも好きですね。

一人のジャーナリストから端を発し、
新興宗教や福祉団体の闇を匂わせ今後の展開が楽しみです。
そして編集長は何を知ってるんでしょうか?
口を揃えるように言い放った「知らないほうがいい事」とは一体・・・

一話完結ですが、その奥に大きなストーリーが隠されてそう。
公式サイトには1話よりも前のストーリーが、
登場人物ごとに小説でupされてます。
結構ボリュームがあり読み応えあります。
こういう形で小説&ドラマのコンボも面白い試みです。
なにより無料で読めるのがいい。
その小説内容も今後本編に顔をだしたりするのかな~ちょっとワクワク。

世の中には闇がある。
知らないほうがいい事もある。
そうやって割り切る事で自分を守る。
一方でその闇に怖いもの知らずで足を踏み入れる者がいる。
主人公鳴海遼子が深い闇をどう照らしていくのでしょう。

ドライな世の中で、粘着質な主人公が
知りたいという欲求に真っ直ぐにつき進んでいく。
ダメダメな主人公なのですが、
とても可愛らしく、そして力強さは羨ましくもありです。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/647-37ca0113