/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

日テレ【土9】  脚本/ 井上由美子  

望月小太郎(三浦春馬) 中村剛(城田優)  永沢あい(杏) 南百合香(林涼子)
三木サヤカ(市川実日子) 望月優奈(大後寿々花) 真田幸村(加藤雅也)
綿貫ひみこ(ミムラ) 亀井恭子(室井滋) 望月信二(岸谷五朗) 他

#6 父子対決かかってこいや11.21 OA

さすがに舞台で殺陣やってるだけあって、
父ちゃん竹刀使いが無駄に上手い、身のこなしが軽い、
長髪がむさい・・・おっとこれは余計かっ。

リストラのわけは上司の不正をかぶせられたから。
サムライに言われて筋を通しにいくものの、
別の道を探す親父は引きの美学もありカッコいい。
しかし今のご時世それが正解かどうかは・・・。

親父のリストラを受けて、
進学を諦め就職の道を決めた小太郎は、まずはアルバイト。
上手くいかない小太郎と中村の働きぶりとの落差がよかった。
何事も簡単じゃない、働いてお金を得ることはたやすい事じゃない。

結局小太郎は進学の道を進む事になったわけですが。
学校の教師が小太郎に親身になってくれてたのが意外っちゃ意外。
今後のお約束としては、学校の危機が訪れるのかな。
サムライが校長に喝を入れる展開?

ところでサムライになってる時は小太郎は意識があるんだけど、
素の小太郎の時、サムライは何してるんでしょうかね。
やっぱ意識ないんだろうか・・意識ないと状況つかめないような。
小太郎をサムライに変身させるのってサムライの意志?
おぬし、じれったいでござる・・・・わしにまかせろ・・・ちょっと口調違うか。
親父が再戦を申し込んできたときサムライは現れなかったってことは、
小太郎にとってよい道をサムライが選んでるともとれるかな。

しかし・・・そろそろサムライにも飽き始めてきたかも。
あいや中村は気づいてるけど、それ以上に新たなスパイスが欲しいな。

#5 バカ殿に捧ぐ命11.14 OA

息子の事で有給なんてと思ってたら、やっぱりリストラ。
どうすんだ親父~まだ2人も大学進学させなきゃならんのに。
取り合えず妹ちゃんは荒れそうですね。

さて今回はホームレスからお金を盗んだ事件。
小太郎を真似たサッカー部の2人がむしゃくしゃしてやったと。
あんなあからさまに小太郎に声かけたらバレバレでしょうが。
そして小太郎、相手から一万円札もぎ取ったら、
やっぱりお前が犯人かって言われる危険性が・・・心配御無用でしたけど。
成敗中にサムライが抜けて、
小太郎自身が相手をやっつけたのは大きな一歩ですね。

意外だったのが校長の態度。
代議士の父親を持つ犯人の生徒を拒否しました。
必ずしも権力に弱いと言うわけではなさそうですね。
言葉どおり学校を守る、ひいては生徒を守ると言う事かな。
そのための格付け教育?
校長の人物像に興味が沸いて来ましたよ。

#4 必殺! 空中変身11.7 OA

小太郎は少しづつ変わり始めているようですね。
いざというときは侍に助けてもらってますが。

4話は不登校になった小清水君がこのままだと退学になってしまうと聞いて
学校に来るように会いに行きます。
小清水役の浜田さん、いつまで高校生役やるのだろう・・・
んなことはおいといて、小清水君は家の都合で塾やら行けなくなり
優秀なクラスから脱落、自分の将来に絶望して不登校になったんだとか。
今の自分の状況をすべて両親のせいにする大バカものです。
そんな小清水君に侍が一喝すると。
そしてサラ金相手に大立ち回りし、定規で二刀流を披露。
小清水君は働きながら大学を目指す決意をし、学校を去る。
皆が登校する前に、クラスの黒板をきれいにし
小清水君が今できる範囲のお礼だったんでしょうね。

毎回話がパターン化されてきて少々飽きてきたかな。
そろそろ侍がなんでのりうつったのかや、
家族でもミムラさんでもいいからなにか変化が欲しい。

#3 弓矢で誘拐成敗10.31 OA

・・・ちょっと飽きてきた感はあるかな。

3話は動画を利用して、
インターネットでの匿名に関しての問題性について
サムライをとおして問うと言った内容。
それに関しては悪くないと思いました。
PCの書き込みに対して、筆書きで果たし状というのも面白かったし。

しかし突然歌手になりたいとか、初めてやった路上ライブが撮影され、
YOU TUBEにup、そこに音楽プロデューサーから打診がある。
連絡して、のこのこ付いていくなんて・・・出来すぎよ。
やるなら伏線ひくなり、それとなく1話2話で匂わせてくれないと。
しかも中傷の書き込みしたのが親友だったなんて、
ちょっと安過ぎやしませんか。

今回の小太郎は心理的作用でサムライに変身してましたね。
短いスパンで行ったり来たり・・・
そのうちコントロールできるようになるのかしらね。
あの・・もうそろそろミムラさんを活用しませんか?
どんな人物なのか、めっちゃ気になってます。

#2 対決! 騎馬の乱10.24 OA

舞台は高校ですが、社会問題を詰め込んでありますね。
学園の有益や生徒の中に格差社会を盛り込み不条理を侍が斬る。
子供達に変に大人社会に染まるなというメッセージなのでしょうか。
学園ものなのでどうかと思いましたが、大人でも結構楽しめます。

侍が小太郎にとりつく理由もちゃんとありそうです。
なんだろう・・・小太郎と侍の未来に関係ある事なのかな?
父親が武士風に接するのを見て、
ふざけてるのか父親も体験済みなのか・・・単なる歴史オタなのか。

そしてミムラさんは存在自体謎。
あの喋り方ギャル風なのかなんなのか少々聞き取りづらい。
ひみこと言う名前にも何かひっかかるし・・・
小太郎と侍を引き合わせ、現代と過去を繋いでるのは確かなんですよね。

2話は思いがけず侍の部分が長く面白かったです。
騎馬戦で場外に持ち込むのは笑ったよ。
先生役の市川さんも好きだなぁ。
独特の存在感があると思う。
小林聡美さんのようなニュートラル感に近いような。
室井さんは今期あちこちでお目にかかります。
体育祭のおばちゃん度にやってくれるなぁとニヤり。

#1 学園秋の陣イジメ万引き不届き千万10.17 OA

途中脱落しかけましたが、最後で持ち直しました。
城田さんのいじめキャラに違和感が・・・あんなにガタイいいのに。
それと真田幸村が登場した時は期待してしまった。

肉食女子、草食男子(・・・もうこの言葉聞き飽きた)と呼ばれる現代、
見て見ぬふりの乾いた社会に、侍を通して問いかける。
侍に変身する事で主人公も成長していくのかな。
ただ、侍・・・それも真田幸村の名前まで出しているので、
そこになにか謎が仕掛けてあるのでしょうか。
ミムラさんや父役の岸谷さんも、気になる存在です。

大後さんミムラさんと、好きな役者さんが出演とあって見始めましたが
侍に変身しないと間が持たないのは少々残念。
最初の小太郎の自分説明は正直退屈でした。

三浦さんは時代劇でもいけますね。
フニャフニャの現代男子から侍への変わり具合はさすがでした。
キリッした風貌、芯の通ったような立ち居振る舞い、目力と。
しばらく侍のままでいた方が面白そう。
とりあえず来週もチェックです。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/650-64fa9fce