/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
テレ朝【木9】  脚本/ 寺田敏雄 深沢正樹   

宇佐木玲子(米倉涼子) 木崎誠一郎(筧 利夫) 墨田耕平(笹野高史)
桜庭健二(塚地武雅) 蓮見芳樹(高知東生) 甘利祐介(高岡蒼甫)
真里谷恭介(城田 優) 高林静雄(大杉 漣) 工藤幹夫(伊武雅刀)
弓坂史子(浅野ゆう子) 片山一義(高橋克実) 桐沢圭吾(陣内孝則) 他

#6 老人ホーム猟銃立てこもり事件11.26 OA

任侠ヘルパーかよっ!と思ったのは自分だけではないはず。
色んなドラマからヒントを得てるような気さえしてきます。

事件の背後に元警察の私怨が隠れていて
二転三転するところはよかったです。
老人たちが家族に会いに来てほしくて立てこもった部分は、
当初から透けて見えていたので、そこでの感動は半減しちゃったな。

全体的に単調な作りなので、引きが弱くなってきたような印象を受けますね。
映画のためのドラマなのかなとも思えてきた。
毎回事件が起きて宇佐木が奮闘して落着、真里谷に会いに行って、
時々サマークロースの存在が浮き上がる。
そして毎回映画の予告、もしかしてこの予告が狙いなんじゃないかと。
映画を見に来てもらうための、1クールドラマ…あーあ。
映画を見に行くつもりはないので、トーンダウンならそれもよしかな。

SPの時に思わせぶりだった伊武さんは、今頃何をしているのでしょうか。

#5 感染30時間 ワクチンの身代金!?11.19 OA

今回はサマークロース関係ないの?
出てきたり出てこなかったり・・・映画まで引張るのかぁ。

6話は女の子がSAFSに感染、
18時間以内にワクチンを接種しないと助からない。
しかしワクチンは何者かに盗まれ、ワクチンの身代金を要求される。
18時間以内というタイムリミットなのですが、
実際18時間の間の命の保証がないわけで・・・
一刻一刻がタイムリミットなのに、どうも緊張感が足りない気がしてね。

誘拐捜査するうちに病院のずさんさが明るみになり、
そして手を汚さずに人の命をもてあそぶ犯人は悪ぶれもせず。
結果少女の命を利用して、病院の膿を出した犯人も膿の一部で
なんとも後味の悪い話でした。
ワクチン打った瞬間、コレでもう安心みたいなのも安直だったし。

犯人は毎日薬品庫で仕事をしてるうちに、
自分の存在が消えていくのが腹立たしかったんでしょうか。
だからあえて日陰に自分を置いて犯行に走った。
薬を横流しする者、医療ミスを隠すもの、
明るみにする事で自分の存在を主張しているように感じました。
前田さんを起用するなら、もう少し違った犯人像を見たかったな。

前作に比べるとどうも盛り上がらない。
話も単純だし、通しで引張っているのはサマークロースだけ。
前作の高林、宇佐木父、真里谷、桐沢のような
人物同士の摩擦や交錯がないせいか物足りません。
弓坂警視正はいったいどこ行ったのよ~~~

#4 ストーカー爆弾立てこもりの罠11.12 OA

犯人が立てこもって宇佐木が潜入する事件はやっぱ面白いです。
建物内と交渉班の温度差や、緊迫感が伝わってくる。
ただ今回の宇佐木は、とても怪しかった。
普通のバイトなら出来ない行動をとってたし、
勘のいい人間なら只者じゃないな=警察か?と疑うよ。
店の中で浮きまくる宇佐木が少しばかり可笑しかったな。

綾乃に関しては…なぜ姉を殺したいと思ってたのか理解できない。
刺したあと一命をとりとめたと聞いて、なお病院に行ってるんだよね。
そこまでの憎しみが、わかりづらかった。

学生じゃないなら家を出ればいいのに。
姉に生活させてもらって、姉から解放されたいってどうよ。
姉妹の間での依存とか、主従関係とかあったのなら描いて欲しかったな。
刑務所に入るのに、やっと離れられる・・・・とまで。
そこまでの覚悟があるのならなんで?
いきなり豹変した綾乃の心はどうなってんだい?

サマークロースは拳銃だけでなく爆弾の作り方まで送ってるようで。
宇佐木のもとに届いたのは…故意に?
どうも妹のバイト先の兄ちゃんが怪しいのですが…トラップかなぁ

あの・・・月9とこのドラマ、時々ごっちゃになる。
設定が被ってる気がするのは自分だけ?
犬とうさぎと・・・そこへたまにブルが入ってきて頭ん中、MIXジュースに。

#3 二重誘拐!? 身代金1億を運ぶ女11.5 OA

今回の事件はサマークロースとの繋がりはなかったのかな。
ただ宇佐木はマークされてるようですが。
・・・サマークロースは映画まで引張りそうな予感。

3話は誘拐事件が二転三転する内容で悪くはないんだけど、
行き辺りばったりがな感じが、浅く感じて物足りなかった。
息子が誘拐されて集まった友人主婦がすでに怪しさ満点、
この2人がやったんじゃないの?って思った。
だから旦那が犯人でも、
身代わりになった息子の母親が犯人でもあまり驚きがなかった。
どちらも貧乏、お金に困ってというのも・・・
だからこそ浅はか事件を引き起こしたのでしょうけどね。
子供を巻き込んだ格差社会の不条理をえぐってたんでしょうが、
今ひとつ説得力が足りないように思いました。

#2 突入5秒前人質か仲間の命か!?10.29 OA

甘利が殉職しました。
まぁ新しいインテリ系が入ってきたからねー
でも殺しちゃうには惜しいかなと。

拳銃の送り主、サマークロース。
自殺ってことで収束したけど、まだ引っ張るようです。
身代わりを立てたのは、
引きこもり君の立てこもりで騒ぎが大きくなったから一旦幕を引いたんでしょうかね。
残る拳銃は、あと一丁・・・・・これが後々事件に繋がっていくのかな?

ところで今回の甘利と母親を伴っての立てこもり。
父親を殺したかった…父は息子と話たくなかった。
すべてを人のせいにしてしまう息子と、
家のことは妻に任せてあるといった父親ちょっと似てます。
強行突入&甘利の死で終わりましたが、
その後のフォローは描かれないのね。

続編で宇佐木の前に立ちはだかる弓坂警視正。
対女というのも見どころでしょうか。
随分強引なやり方ですが、今後の展開にどう関わってくるのでしょう。
それと真里谷は何の目的で出し続けるのか。
宇佐木が犯罪と戦う原動力なのはわかるけど、
最近は和みの空間になってる気がするよ。

すでに映画の告知が入ってました。
まだ2回目だよ~ドラマに集中しようよ~。

#1 東京都民1300万人が人質!? 宅配便で拳銃を届ける少年10.22 OA

新しいメンバーも加わり新シリーズが始まりました。
浅野さんと陣内さんが抑えどころで揃うと、
トレンディドラマからもう何年もたつんだなと実感しますね。

さて、1話は無作為に拳銃が届けられると言う、
人間の心理をつくような犯罪から始まりました。
人の心のそこに眠る悪意を起こすきっかけ。
大半は交番に届けますよね。
もし自分に送られてきたら・・・
護身用として手元においておくかも。
引きこもりの少年は、拳銃を得て強くなれてしまった。
それが次第に攻撃性へと加速してしまうのかな。
少年と関わった甘利はどうなるんでしょう。

そして再び真里谷登場。
サムライの中村君見ちゃったあとだから迫力を感じないなぁ。
映画化も視野に入ってるらしいのですが、
結末のブツ切れは勘弁して欲しいものです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/656-634db560