/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

女帝 #1

意外や意外、面白かったです。
冒頭からインパクト大だし、ストーリー展開も無駄なく
サクサク進んでいくし、あっという間に時間が過ぎた感じ。

きつかったと言えば、
加藤ローサ(あやか)と松田(伊達直人)の海のシーン。
台詞のやり取り、ト書きが見えるような行動。
でもそんな寒いシーンも「お前の心を抱いてやるよ」で大爆笑。
おいおいまさか、あやかの夢をホントに応援する気じゃぁ?
億を稼げる女なんでしょ~?

小沢まじゅは、未だに牡丹と薔薇を引きずってるし
オセロの中島さんはママがハマってて、安定感を生んでるけど
あやかに、さりげなくサポートして
「あんた見てると、自分の若いころ思い出す」
ってお約束の台詞じゃん。

泉谷さんの役どころは、
よく津川雅彦さんや江守徹さんがやられる役どころだよね。
よく泉谷さんを持ってきたなと・・・
出てきた時、インチキ坊主かと思った。

あやかは17・8で、いきなりお水の世界に入ったのに
変に自信たっぷりで、壮大な野望を掲げてる割りに
簡単にヤクザにつかまって、普通の恋しちゃってる感じがウケる。

CM見て、逆に怖いもの見たさだったんだけど
ちょっと見入っちゃいましたね。
見終わってから、昔の大映ドラマっぽいかなと思いました。

沢尻エリカさんがこの役に似合うかなぁと思ってたけど
のし上がる女だから
むしろそういうイメージのない人の方がいいのかもね。
じゃ沢尻エリカさんには、ぜひ岩下志麻さんの跡目を継いで
「極道の女たち」を継承して欲しいなと。


二時間ドラマ好きな母が新聞を見て「女帝・・・」と口にしたので
「それは連ドラだよ」と教えてあげたけど
確かに二時間ドラマにありそうなタイトルだ。

しかし、最近は主演する人と主演できない人の差が分からない。
加藤ローサさんみたいな若手さんが主演だったりしても
ずっと脇をやられてる中堅さんが主演を出来なかったり・・・
やっぱ、大人の事情っすかね。


山田太郎ものがたり #2

女帝のインパクトが脳に直撃後、
山田太郎がまったりしすぎてどうでも良くなりつつある。
王子様の格好して二人白馬に乗って、童話風?
メイドの格好で、ミュージカルにして宝塚風?
そんな妄想的サービス場面もいれながらも、
最後には兄弟のホロッとさせる場面で落着くのは
さすがだなと思うけどね。
あれがあるから、まぁ来週もう一回だけ見てみるかって気になる。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/67-ae955518


牡丹と薔薇牡丹と薔薇(ぼたんとばら)は、東海テレビ・フジテレビ系列で、2004年1月5日から3月26日まで放送された昼ドラマ|昼のテレビドラマ。東海テレビ昼ドラお得意の「ドロドロ愛憎劇」の究極とも言える作品。ジェットコースターのようなめまぐるしいストーリー展開で「

2007.07.30 10:33 | あのドラマに夢中!