/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
テレ朝【木9】  脚本/ 荒井修子  原作/ 三田紀房     

井野真々子(長谷川京子) 田口僚太(ウエンツ瑛士) 野々村南(村上知子)
江村夏生(中村蒼) 小笠原マナミ(大島優子/AKB48) 川添甚助(尾美としのり)
唐木田力哉(高知東生) 園池真二郎(西岡徳馬) 海老沢康生(生瀬勝久) 他

#8[終] 女が仕事を辞めるとき3.11 OA

最終回は女性の仕事でした。
腰痛だかで義母の介添えが必要となり、
夫婦で田舎に戻る先輩から転職の依頼。
ま、結局義母に理解してもらって
今までの仕事が続けられることで落ち着くんですけどね。
先輩の苦手な義母だけど大事な家族というのは清々しかった。

真々子は海老沢の日本支配計画についてくかと思ったら、
教師に転職、意外でした。
教師として海老沢の役に立ちたいと。
最後は上手くまとまったなぁと思いました。
…がしかし!
真々子の教壇でのあいさつと主題歌が重なったのが残念っちゃ残念。
いい先生になりそうです。

#4 父の転職活動!! 試される親子の絆2.4 OA

なんていうか、ありきたり過ぎて…
毎回海老沢の説く部分は、なるほどと思うけどね。
今回は年功序列制度は、社員を全力で働かせるための制度だと。
課長から部長になれる人はほんの一握り。
しかしみんなそれを目指して我も我もと人生かけて働き、
あぶれたものはリストラ候補…なんだかんだ言って人間も弱肉強食。
でも…それ以外に生きるすべがあるのも人間。


真々子の元にやってきた転職者は、元教え子・今同僚の江村の父。
リストラされそうになってやってきたのですが、厳しい現実を知る。
家庭を顧みず働いてきた今までの自分の人生を無駄にしないための転職。
ですが、自分を評価してくれる所で働きたいなんてわがままは通るはずもなく撃沈。

自分が設計した回転式駐車場のトラブルがきっかけで、
息子と向き合えるようになりました。
そして、自分はモノづくりが好きなんだと再確認し転職に挑む。
無事採用でいきなりベトナムだかに単身赴任で万事OKと。
…どんだけ優秀なのよ真々子は。
いやいや真々子ロボを操る海老沢がすごいんだな、きっと。

#3 屈辱とプライド ベテランOL 運命の選択1.28 OA

結末は見えてたものの、面白かったです。
行き場所のないOLが、新たに自分の生きる場所を見つける…
ある意味勇気づけられたし、
まだまだ終わりじゃないという解放感がよかった。

でもそこに持っていくまで、もっと面白くできないものかとも思いました。
ベンチャー企業の女社長・岡本麗華(羽田美智子さん)出てきたら、
ベテランOLが岡本社長のもとで力いっぱい働くというのが見えてる。
一流企業にこだわる北川久美子(櫻井淳子)頑なさと
真々子の粘り強さは必要なんだけど、なにかもう一つひねりが欲しいというか…

でも今までの話の中では、一番好きです。
そうそう海老沢は真々子の操縦術を心得てますね。
岡本が匂わせてたけど、海老沢にとって真々子は一人逆を向く人間かな?
真々子の行動を楽しんでるみたい。

#2 転職できない男!? 成功の五角形1.21 OA

2話は自分の職場&上司に不満を持った男が
華やかな世界に憧れて転職を決意→真々子。
しかしどこの会社も受からなくて、見つめなおすきっかけに。
前にいた会社は、地味ではあるが優良企業であると気づき、
口うるさいと思ってた上司は、
会社を支えてきた優秀な人で教わる事は沢山あると気づく。
海老沢の計らいで前の会社の再就職試験を受けたら、
上司はまだ退職届を出していなかったという温かい話でした。

いい話なんだけど、どうも面白みにかける気がしないでもない。
やっぱ主人公の小粒感でしょうかね。
弾けるキャラも見当たらないし…尾美さんくらいかな?
そうなると頼りになるのは、生瀬さんなんだけど、
海老沢がなに企んでるのかは未だに水面下なんですよね。

小池君と入れ替わりに入ったウェンツ君は、
今回大活躍だったのですが、今ひとつ存在感が薄いかな。

#1 主婦の再就職!価値0円と言われた女1.14 OA

なんだか惜しい気がしますね。
描こうとするものはわかるけど、いかんせん真々子のキャラが弱い。
かといって生瀬さんの海老沢が、
特にアクが強いというわけでもないから、全体的に薄味に感じました。
生瀬さんは主役を喰ってまで前に出てくるタイプじゃないだろうし…
でも見ていて、生瀬さん主役でもOKのようにも見えました。

やっぱドラゴン桜は阿部ちゃんの濃さと
生徒の華やかさが良かったんだろうなと。
長谷川さんのボケキャラはドラゴンではいい味出してても、主役となると…
セリフがカミカミのように聞こえるのは私だけだろうか。

とはいっても、海老沢が何を仕掛けようとしてるのか、
また不毛までのつなぎとして、しばらく様子を伺います。
面白くなるといいなぁ。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/672-130646ff