/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

テレ朝 【金9】  脚本/ 坂上かつえ  原作/ 楡周平   

有川崇(北村一輝) 笹山宣子(小池栄子) 白井尚子(上原美佐)
有川透(細田よしひこ) 白井亜希子(藤井美菜) 有川和裕(田中健)
白井逸子(松坂慶子) 白井眞一郎(奥田瑛二) 有川三奈(真野響子) 他

#8[終] 決戦! 血の密約3.12 OA

ここで終わるの? …続きが見たかったよ。

しかし最終回を見終わった今、
有川ママの崇の父親詐欺は何だったのか…と思う。
白井が崇の父親だって思いこみ、結婚をやめさせるために奔走してたのは。
笹山の人生を曲げさせ、
尚子のお腹の子を黙って検査して結果流産までさせて。
白井がDNA検査をして子供ではないとわかると、
今の旦那と関係があった事を思いだして万事解決。
さすがに、なんじゃそりゃ!とツッコミましたよ。

あのへんの長いくだりをもう少し詰めて、
崇が白井に手が届く場所までやってほしかったなと思います。
まだ議員にもなってない崇が、
総理大臣目前の白井に追い落とすと言ってもね。

でも面白いドラマでした。
どっちかっていうと有川ママが主役っぽかったけどね。
奥田さんや真野さんには魅せてもらったし、
小池さんや上原さんも適役だったと思うな。
北村さんには、やっぱりアクの強い人間をやって欲しいなぁ。

さて続編を期待したいところですが…やっぱ無理?
ぜひあの後の崇の生き様を、昇っていく様を見たいもんです。


#4 女の全てを奪う罠2.5 OA

ひどい…金持ちはえげつない事するのね。

あそこまで結婚反対するなら、宣子に賭けるとか言わないで、
崇に本当のこと言えばいいのに。
15、16の子供じゃないんだからさ。
それを崇には伏せておいて、宣子を揺さぶって仕事まで奪うなんてね。
子供を守るためなら、どんなことをしてもいいのかい。

白井にすべて打ち明けたはずなのに、白井は結婚を取り消さない。
そこで三奈は宣子を利用します。

弟と父のために小切手を換金しようとしたら、
三奈が紛失届を出していて、泥棒扱いで警察へ。
崇に連絡がつかないように、そして自分にも連絡が来ないように外出。
期を計って警察に連絡し、自分が勘違いしてたという。
解放された宣子が会社に戻ると、クビになると聞かされ
どこの会社にもディーラーとして雇ってもらえる事はないと。
地道に努力してきた宣子が、男に捨てられた挙句に母親の不始末の余波で
人生をもてあそばれるとは…ちょっと可哀想すぎる。

三奈は宣子に何を期待しているんだろう。
自分の策略を尚子が差し向けたことだと思わせてる。
まさか宣子に尚子を殺させようとしてるわけじゃないよね。
そこまで考えてたら引く。
宣子をどん底に落として、崇が宣子とよりを戻すことを期待?
でも崇には野望がある、尚子との結婚がなくなれば政財界への道は断たれる。
野望より愛情をとる息子だとは考えてないはず。
じゃぁ尚子が崇を見限るように宣子を動かせてるのかな?
いずれにしても三奈の思う通りに行くのだろうか。
尚子と宣子、三奈に振り回される二人が気の毒。
なんだかんだ言って三奈が崇に本当のこと言わないのは、
自分を守りたいからなのかなって思える。

個人的には、ここまできたら結婚しちゃえ~~と無責任に思ってます。
近親婚の場合、産まれる子供の遺伝による障害児が確率が高くなる。
だけど昔の時代に近親婚は実際行われてたわけだし、異母兄妹だし、
ましてやドラマだし…
あ~なんて事なかれ主義なんでしょ。

さて次回は宣子が逆襲に出るかな?!
崇が会った大阪弁の人はアメリカ時代の二人を知ってるみたいね。
やばいことに手を染めていたんだろうか…

#3 出生の秘密1.29 OA

3話は三奈と眞一郎がメインのようでした。
白井がかつての恋人だったと知り、何とかこの縁談を白紙にしようとする三奈。
しかし崇は納得しない。
そこで三奈は白井を呼び出して、洗いざらい話します。
崇は白井の息子だということを。

三奈は女党首として学生運動を起こしていた。
名前は偽名を使ってたんですね~だから白井は気付かなかった。
安田講堂攻防戦で逮捕された三奈は、実家に戻ると嫁入りの準備がされていた。
結婚した後に妊娠発覚。
前の夫は気付かずに自分の子として受け入れたんでしょうかね。

三奈から真実を聞かされた白井は、ちょっと待ってくれと。
追い打ちをかけるように、白井の資金源だった白井国土建設の破たんが持ち上がる。
そして百条建設に吸収合併の話も持ち上がっている。
百条建設は滝沢総理大臣と関係が深い。
白井を取り巻く環境からして、娘と崇の結婚は後戻りできない。
腹くくったんでしょうか…
崇を滝沢総理大臣に引き合わせちゃいました。

もう宣子の出番はないのかと思ったらそうでもないのね。
二千万の小切手を受け取った宣子は返すつもりだった。
でも弟が交通事故を起こし保険にもかかっておらず大金が必要に。
父親からの連絡に小切手の存在が浮かぶ。

真野さんと奥田さんのシーンは味わい深かったです。
また白井と滝沢総理(若林)の場面も印象的でしたね。
さて、崇と尚子の結婚はどうなることやら…
ってここまできたら結婚するしかないような。

#2 慰謝料2000万円の罠…女の復讐1.22 OA

捨てられた宣子vs婚約者の直子…面白かったぁ。
かわいい顔してなかなかやりますね。
覚悟を決めた女はカッコイイ。

そしてそして、なんと崇は白井眞一郎の子供らしい。
有川三奈の慌てぶり…学生運動のさなか二人は恋人同士。
となると婚約者とは異母兄妹ってことになるの!?
お互いに決意して盛り上がってきた結婚に水が注がれました。
二人の行く末に合わせて、
眞一郎と三奈、そして白井の妻の動向が気になります。

主人公崇の北村さん、あんなに濃い役者さんなのに、
このドラマでは薄めじゃない?
周りが濃いせい?
何にせよベテラン役者の醸し出す雰囲気に落ち着いて見れます。

#1 運命の日1.15 OA

この作品が、北村さん初主演なんだそうです、意外!
それだけ濃い存在感を過去に残してきたってことなんでしょうか。
さてこの作品、やけに長いタイトルがつけられてます。
ウザったいので省略してますが。
自分の中では「宿命…アンポンタン」と呼んでます。

そのアンポンタンは、
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」という小説が原作。
(アンポンタンと呼びたくなる衝動わかりません?)
主人公有川崇に舞い込んだ縁談は、
崇の野望の足がかりとなり、同時に母の過去も紐解くことになりそうです。

双方の親、有川三奈と白石眞一郎は過去に接点があった。
2人が東大生…学生運動の盛りのころ、
この国を中から変えるといったのが白石眞一郎?
苦学生だった彼にとって、
学生運動なんて子供じみた行動に見えたんでしょう。。
この2人が再び出会い不倫に…なんて事はないか。

もう一つの注目は崇との結婚を望んでいた宣子。
小池さんかなり体張ってます?…清々しいっすよ。
捨てられた宣子がどんな逆襲に出るかも、楽しみですね。

物語の背景学生運動が、なぜか新鮮に映り、
そして喪服のランデブーというドラマを思い出した。
全共闘時代…私が産声をあげた頃になにが起きてたんだろう。
興味がわかなかったドラマでしたが、なかなか面白そうです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/674-427c8459