/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

#3 黒いブログの罠      2.9 OA 


盛り沢山な3話でした。
万里香が書いたブログによって退職に追い込まれる美樹。
安西(升毅)の派閥争いに巻き込まれ、
お世話になった坂東(中原丈雄)を自らの手で陥れることになった仲原。
今までのようにはいられない、岐路に立たされた二人の姿。

美樹に希望の光が射し込んだのも束の間、またしても闇に落とす罠。
この罠は、万里香の手によって仕掛けられたものでした。
美樹の部署の同僚たちを盾にして、影で動きまくる万里香。
隣の工藤の社外秘ミスや美樹の手柄横取りまで知ってるって…
もしかして美樹、万里香に話した?
そしたらブログは「もしかしてこれ書いたの万里香?」って思いそうなのに。
「書いてません」で通じる相手じゃないから、
自分じゃない証拠を提示するか、犯人探らなきゃ。
誰がやったの目星つけば、今後いじめの対応策も立てられるし。

社会人になると、すりたくないゴマもすらなきゃいけないし、
持ちあげたくもない人にヨイショもしなきゃなんない…
これは円滑に仕事をするための整備だとOL時代に学んだよ。


千秋と一緒に仕事する美樹の姿は、
本来ならこうやって楽しく仕事してたんだろうな~って思った。
でもそんな小さな充実感も、万里香の手によって破壊されたね。
つか、千秋と美樹のランチ現場になぜ万里香がっ!?
千秋が美樹に万引きしてるとこ見つかってよかったのかも?
と言っただけなのに、スーパーで千秋の万引き現場発見とまで情報が正確じゃん。
ドラマ内で描写はないけど、千秋と美樹の会話の中ででたんでしょうかね。
描かれてない部分は見る人が想像力を働かせて下さいってことか。

さてそんなこんなでより悪い方向に事態は進み、
とうとう退職してくださいと追い詰められる美樹。
救いを仲原に求めるが仲原は仲原で大変な状況下。

桐野いわく、食品偽装は故意に誰かが混ぜたってことらしい。
一体どうなってる?この会社…
自分の出世のためなら会社の損失はどうでもいいの?
安西の食品偽装偽装。
坂東が口にした「よくない体質」
上層部の中でも足の引っ張り合いが日常茶飯事なら、
一般社員もいじめが蔓延するわけね。
もちろんすべてがそうじゃない、梅沢の皮肉も的を得てるわけです。

そう、あのシーンは印象深かった。
佐野がブログのことで桐野に、
クビにしてくださいと直談判しにいくも返り討ちにあう。
「部下と一緒になってるな」
たしかに上司としては違う視点を持たないとね。

行き場のない感情があらわになり、書類バシッ!!
で、梅沢登場…佐野すかさず書類を手に戻すとともに感情も押し込める。
そこで梅沢、
「ものすごく空気悪いけど大丈夫ぅ~
隣見てごらん、鈴木君が大らかだから皆伸び伸びしてるよ
君ね、視野が狭いんだよ・・・・そんなんじゃ指揮官になれないよ」

すごく可笑しかったけど、妙な納得感。
そういえば、佐野は同僚の前ではお酒を飲めないって事になってるのね。
せっかく部下に奢ってるのに悪口言われてなんだかお気の毒。
梅沢が部下の前であんな態度するから、
佐野も部下に信頼されない面もあるんじゃないかなぁ。


会社のいじめを描いてるものの、
一番比重の大きいのは万里香の略奪愛。
まぁ出世争いもあるわけだからこれもありなのかな…
万里香の待ち伏せで鏡チェック、怖っ。
攻めの姿勢で、仲原の性格を見抜いてグングン押してく。
万里香の行動いちいち計算高くてムカつく…けどどこか笑える。
美樹に退職願い準備万端にしておいたのは万里香の仕業ですよね。
ブログで、退職しますって更新してたし。
じゃぁ美樹が辞めません!ってなったら、
ブログは美樹じゃないってことにならない?
万里香は美樹を追放して仲原を手に入れる作戦なんかぁ。
自分の魅力で仲原を振り向かせる自信はないのかいと。


さてさて、出番の少ない桐野さん。
千秋と美樹の姿を見てニコッ…初めてみせる笑顔でしょうか?
美樹にとって桐野が支えとなってるように、
桐野の支えは坂東本部長。
7年前に何があったんでしょう…知りたい…。
そして今度は本部長が安西に兄元を掬われる事に。
その時、桐野はどう動くんでしょうか。


動くと言えば、盗撮田沢君。
どうやら仕掛けたカメラに万里香が釣れた模様。
今後田沢が万里香とどう接触するのかも注目ですね。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/686-0cd45d25